\ フォローしてね /

簡単!テントの張り方とたたみ方

筆者は学生時代登山クラブに在籍していたので、その経験からテントについてお伝え致します。

用意するもの

  • トンカチ
  • ペグ

テントの張り方の手順

STEP1:場所選び・石拾い

まず場所選びと石拾いをします。場所ですが、なるべく水平な場所を選びましょう。傾斜していると、睡眠中に低い位置の人の方へだんだん寄ってきてしまいます。

また、マットをシュラフの下に敷いて休むとはいえ、石があると寝ていても異物感を感じ、寝心地が悪くなるので、石を拾います。少しの手間をかけると、睡眠が快適になります。

STEP2:テントを広げる

テントを広げましょう。その際、入り口は風下にしましょう。そうしないと強風が吹いた時に入り口から風が入り込んで、テントが飛ばされてしまいます。

STEP3:ポールをテントに通す

ポールをつなぎ合わせて、対角線上にテントに通します。押しながら挿入します。引いてしまうとポールの連結がはずれてしまい、面倒です。

STEP4:テントを立ち上げて固定する

テントを立ち上げて固定します。ポールの両側を2人で持つようにして、ひとつの対角線ずつ立ち上げます。4人いれば 2つの対角線同時でもOKです。

このとき入り口のチャックは閉めておきましょう。そうしないと立て方にもしゆがみが出た場合、休むときにチャックを閉めることができなくなります。

STEP5:フライシートをテントの上にかけて固定する

フライシートをテントの上にかけて、ペグで固定します。

山では夜露が多く、テントが濡れるとかなり重量が増しますから、それを少なくするために、テントのカッパともいえるフライシートをかけます。雨が降っていなくても、山ではかけたほうがよいでしょう。

雨の心配のない簡単なキャンプのときや、テントの生地自体が防水のときは特になくても大丈夫です。このフライシートもペグで固定します。商品によって固定の方法が多少ことなります。

たたみ方

基本上記のステップの逆を行うだけですが、注意点もあります。

上部とサイドはシートで露対策がある程度はできますが、底辺は水がたまるほど濡れてしまします。それでその水をよく拭き取って、たたむ前にできればテントを逆さにしてある程度乾燥させます。

たたむときは空気が入ると体積が大きくなってしまうため、空気を抜きながらたたんでいきましょう。

終わりに

登山のときは荷物をクルー全員で分担しますが、テントを持つのは1番の力持ちです。夜露に濡れたテントの重量はかなりなものです。

テントを持ってくれる人(たいてい男性)には本当に感謝できます。テントを持たない人はその分、テント張りのときやテント撤収で貢献いたしましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。