\ フォローしてね /

ここだけは押さえよう!古文の形容詞の学び方

形容詞とは、物や人の状態や性質をあらわす単語です。それらがどんな状態であるかを「形容する」ので、形容詞と呼ばれます。

現代語と同じように、古文にも形容詞は存在します。今回は古文の形容詞について、その学び方をご紹介します。

形容詞の学び方

古文の形容詞

前述した通り、形容詞は「何かを形容する言葉」になります。例えば、古文の世界での形容詞には、以下のようなものがあります。

形容詞の例:うつくし・めでたし・をかし・あし・なし

形容詞の見分け方

文中から形容詞を見分けるには、形容詞の特徴を知ることが一番です。

形容詞の特徴は、自立語で、活用があり、用言で、言い切りが「」で終わることです。

自立語とは、その言葉だけでも意味を持つもの、活用があるとは、前後の文により、語尾が変化するもの、用言とは述語になるもの、のことです。

そして一番重要なのが、言い切りが「し」で終わるものという特徴です。

形容詞の例を見ると、すべて「し」で終わっていますね。これさえ覚えておけば、ほぼ形容詞の判別は出来るでしょう。

形容詞が活用している場合は、終止形が「し」で終わるかを確認して下さい。

形容詞の活用

形容詞の活用には2つの種類があります。

形容詞の活用の種類:ク活用・シク活用

ク活用

後に「なる」をつけた時「語幹+く+なる」となるのがク活用です。

例:めでたし(めでた+く+なる)・なし(な+く+なる)

「めでたし」を例にすると、以下のようになります。

  • 語幹:めでた
  • 未然形:く・から …後に「ず・む」などがつく
  • 連用形:く・かり …後に「けり・て」などがつく
  • 終止形:し・〇  …「言い切りの形」
  • 連体形:き・かる …後に「体言(名詞)」がつく
  • 已然形:けれ・〇 …後に「ど・ども」がつく
  • 命令形:〇・かれ …命令する        ※〇部分は存在しない

上記活用の仕方を表にしたものを活用表と言います。活用表は覚える必要があり、覚え方は2通りです。

表を縦に分け、「く・く・し・き・けれ」「から・かり・〇・かる・〇・かれ」と覚えるか、活用形ごとに「く・から・く・かり・し・〇・き・かる・けれ・〇・かれ」と覚えるかのどちらかです。

参考までに、筆者は活用形ごとに〇の部分は飛ばして呪文のように唱えて覚えました。

何故縦の列が2つあるかというと、形容詞の後に助動詞が続く場合、活用の仕方が変わるからです。

これをカリ活用といい、動詞のラ変型活用に似ています。
例:「なし」+助動詞「けり」がつく場合、「な+かり+けり」となります。

シク活用

後に「なる」をつけた時「語幹+しく+なる」となるのがシク活用です。

例:うつくし(うつく+しく+なる)・をかし(をか+しく+なる)・あし(あ+しく+なる)

「うつくし」を例にすると、以下のようになります。

  • 語幹:うつく
  • 未然形:しく・しから  …後に「ず・む」などがつく
  • 連用形:しく・しかり …後に「けり・て」などがつく
  • 終止形:し・〇     …「言い切りの形」
  • 連体形:しき・しかる  …後に「体言(名詞)」がつく
  • 已然形:しけれ・〇  …後に「ど・ども」などがつく
  • 命令形:〇・しかれ   …命令する      ※〇部分は存在しない

これも覚えるべきですが、ク活用に「し」を足しただけなので、ク活用さえ完全に覚えてしまえば丸暗記する必要はありません。

カリ活用の接続についても全く同じです。

注意点

「なし」は形容詞

「ありやなしや」などとセットで使われることもある「なし」ですが、「あり」は動詞(ラ行変格活用)、「なし」は形容詞(ク活用)であることを覚えておくといいでしょう。

濁音でもシク活用

「いみじ」は、「なる」をつけた時、「いみ+じく+なる」となり、濁音になりますが、「ジク活用」ではなく「シク活用」になります。これも覚えておくといいでしょう。

おわりに

今回は古文の形容詞の見分け方、活用の種類、活用の仕方について簡単にご紹介しました。古文学習のお役に立てれば幸いです。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。