1. 料理
    2. ヘルシーでおいしい!高野豆腐の蒲焼きの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ヘルシーでおいしい!高野豆腐の蒲焼きの作り方

    蒲焼とは、開いて骨をとった鰻や穴子などを串刺しにし、しょうゆやみりんなどを合わせたタレをつけて焼いたもの、その料理法のことをいいます。今回は、「高野豆腐の蒲焼の作り方」について紹介したいと思います。

    ウナギの蒲焼と見た感じは似ていますが、栄養たっぷりの高野豆腐で作る蒲焼です。簡単にできますし、お弁当のおかずにも向いていますので便利ですよ。

    材料(2人分)

    • 高野豆腐…2枚
    • 海苔、青シソ…適宜
    • サラダ油…大さじ1~2

    溶き卵(画像2枚目の左)

    • 卵…1個
    • 片栗粉…大さじ2
    • しょうゆ…小さじ2
    • 牛乳または水…大さじ2

    たれ(画像2枚めの右)

    • 酒 …大さじ2
    • しょうゆ… 大3
    • みりん …大さじ1
    • 砂糖 …大さじ1
    • しょうがのしぼり汁…小さじ1

    作り方(調理時間:20分)

    今回は高野豆腐2枚分の分量でレシピをご紹介しましたが、写真は高野豆腐5枚分のものを掲載しています。

    STEP1:高野豆腐を準備する

    高野豆腐は、ぬるま湯(手を入れるとちょっと熱い程度の温度で大丈夫です)に5分ほど漬けて戻します。その後、手で挟んで水気を切ります。

    STEP2:半分にスライスする

    半分の厚みにスライスします。お弁当用なら半分に切って、このように小さくしたほうが扱いやすいです。

    STEP3:海苔、青シソを乗せる

    高野豆腐の上に海苔や青じそを乗せます。何も乗せなくても蒲焼はできますので、乗せる材料が無いようでしたら行わなくても構いません。。

    STEP4:卵液につける

    卵を溶き片栗粉、しょうゆ、牛乳(または水)を入れて混ぜ合わせたものに高野豆腐を浸します。この時、海苔や青じそが取れないように気をつけてください。卵液をノリにするとうまく付きます。

    STEP5:多めの油で焼きつける

    フライパンに油を多めに入れ、火にかけます。その後、油が熱くなったら高野豆腐を海苔やしそを付けた面からそっと入れます。

    火加減は中火にして、両面をこんがり焼きつけます。高野豆腐自体を薄くスライスしていますので、片面1~2分くらいで火が通ります。

    STEP6:たれを入れる

    最後に、たれをフライパンに入れ、高野豆腐全体に絡ませます。すぐに煮詰まってきますので、弱火にして焦がさないように気をつけてください。

    2分くらいフライパンをゆすりながら煮詰め、たれがとろりとし少し残るくらいで火を止めます。これで完成です。

    アドバイス

    中身が高野豆腐であっさりしているので、山椒・ネギ・ゴマ・みょうが・しょうが・七味唐辛子などいろいろなものを合わせてみるとよりおいしく食べられると思います。各自、お好きな物を組み合わせてみてください。

    さいごに

    いかがでしたか?味が濃いめなので、お弁当のおかずにも向きます。今回のレシピを参考に、みなさんも是非作ってみてはいかがでしょうか?

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人