1. 暮らし
    2. お風呂のカビ予防方法と基本的な掃除方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お風呂のカビ予防方法と基本的な掃除方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    ほっと一息ついてぼんやりとお風呂場を見渡すと、いつのまにか赤い水垢汚れやカビがポツポツ…。

    ついこないだ掃除したのにどうして?という人に、今日は日々の驚くほど簡単な一工夫で、カビや水垢を防ぎ、簡単に掃除できる方法をお教えします。

    カビ予防方法

    お風呂上りに…

    お風呂から出る前に、ちょっとひと工夫でカビの繁殖を防ぐことができます。

    やり方は簡単!お風呂の壁や床に水をかけるだけです。

    湯気やシャワーで温まったお風呂の中の空気をそのままにしておくと、カビが繁殖しやすい状態が長く続き、壁に残った石鹸カスや髪の毛などのカビにとっての栄養源も残っているため、温かいお風呂場は、まさにカビの天国ともいえるでしょう。

    換気はもちろんですが、早く室内の温度を下げ、飛び散った泡や石鹸カスを取り除くことで、カビの繁殖を抑えることができます。水をぐるりと一周かけるだけなので、簡単ですよ。

    掃除方法

    STEP1:お風呂の道具は重曹か漂白剤でつけおき

    毎日予防していても、カビはどうしても出てきてしまいます。洗面器やお風呂の蓋のパッキンのカビは特に厄介ですよね。

    そんなときは市販の重曹や漂白剤を使います。

    まず湯船にお風呂の蓋や洗面器、シャンプーなどの容器、椅子などを入れます。シャンプーラックなどもあれば一緒に入れましょう。

    ヒノキなどの木製の椅子や桶などは入れないでください。

    湯船に入れたものが全部浸かる程度の水を入れます。重曹または漂白剤を、裏面の使用方法に基づいて適量入れます。そのまま30分~1時間放置してください。

    取り出した後は軽く水で流して使ってください。

    洗面器などはなるべく敷き詰めて入れると、重曹なども少しで済むので経済的です。汚れの酷い場合は、少しつけおき時間を長くするか、重曹などの量を増やすと効果的です。
    漂白剤や重曹の取り扱いには、ゴム手袋を使用するなど、充分に注意してください。

    STEP2:パッキンなどの根深いカビはカビ除去剤か漂白剤でパック

    カビキラーか漂白剤と、トイレットペーパーで綺麗になります。

    まずカビの生えてる部分に三つ折りにしたトイレットペーパーをかぶせます。その上からカビキラーか漂白剤をトイレットペーパー全体に染み込むくらいつけます。

    そのまま30分ほど放置して、まだ残っている場合はもう少し時間を長くします。取れたらトイレットペーパーを剥がして、水で流して終わりです。

    トイレットペーパーを使うのは、過って排水溝に流れてしまっても、水に溶けるので詰まらないためです。ティッシュペーパーは使わないでください。

    STEP3:カビを見つけたらすぐに対処!

    カビは胞子を飛ばすので、一箇所見つけたら、他の場所にはすでにカビの菌が付着しています。見つけたらすぐに、カビキラーなどで退治しましょう。

    空になったシャンプーの容器や使用頻度の低いものなどは、すぐにお風呂場から出して、カビの発生場所を少しでも失くすようにしましょう。

    要らないものを減らすことで、掃除もラクになりますよ。

    おわりに

    カビは広がる前に取るのが一番です。

    そしていきなりブラシやスポンジで擦ったりしてはいけません。アルコールや漂白剤、カビキラーなどでカビの菌を死滅させてからとらないと、ブラシやスポンジを介して、他のところへ菌を広げてしまうからです。

    「あっ、カビだ。」と思ったら、早めの対処で普段のお風呂掃除をラクにしちゃいましょう。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ