1. 暮らし
    2. 手縫い時の返し縫いのやり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    手縫い時の返し縫いのやり方

    小学校の頃から、フェルトで小物を作ったり、お人形のお洋服を縫ったりするのが好きでした。今回は、小学校で習った本返し縫いの仕方をご紹介します。

    画像、上の縫い目線が、本返し縫いで縫った物で、下の縫い目が普通の並縫いです。出来上がりが違います。

    針の使用、保管など、取り扱いに注意しましょう。

    用意するもの

    返し縫いのやり方

    STEP1:縫い始める

    最初に一針刺します。ここで基準となる一針の針目の大きさを決めます。

    STEP2:最初に針を刺したところに戻る

    針を抜いたら、一番最初に針を刺した所からもう一度針を指します。

    STEP3:二目先から針を出す

    二目向こうから針を出します。

    針を抜き、糸を引張ると、こんな感じに縫い目が出来ます。

    STEP4:繰り返す

    また一目分戻り…と、同じ作業を繰り返して縫います。

    出来上がり!

    画像、上の縫い目が「返し縫い」で縫った物、下の縫い目が、普段よく使う「並縫い」です。

    返し縫いを上手にやるためのコツ

    次にどこに針目が来るようにするかイメージして、そこに針を刺していきます。

    直線で縫う場合は、縫い目の長さがバラバラにならない様に揃えると仕上がりがきれいです。

    曲線などの場合は、少し目幅を短くして調節します。

    「本返し縫い」と「半返し縫い」

    返し縫いには、本返し縫いと半返し縫いがあります。

    本返し縫いは、針目の一針分全て戻りますが、半返し縫いは、針目の半分だけ戻ります。後の作業は同じです。

    半返し縫いの出来上がりは、上画像の上段の様になります。下段は普段よく使う並縫いです。本返し縫いより並縫いに近い仕上がりになります。

    裏から見るとこんな感じです。

    おわりに

    返し縫は、縫い目をしっかりさせたいときや、縫い始めや縫い終わりの糸とめをしっかりしたいときに使います。特に、生地が麻など目が粗い布の場合、糸止めしてもスルッと抜けたりするので返し縫いがおすすめです。

    名前だけ聞くと難しそうに思いますが、同じことの繰り返しですので意外と簡単ですよ!

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人