1. 暮らし
    2. お菓子の乾燥剤で湿気対策!ショートブーツの収納方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    お菓子の乾燥剤で湿気対策!ショートブーツの収納方法

    著者は、昨年通販で内側にボアがついたショートブーツを3000円で購入しました。

    ショートブーツとしてはかなりの低価格でしたが、デザインも履き心地も気に入っているので、きちんとお手入れをして今年も来年も履き続けたいと思っています。

    今回は、著者が実践しているショーツブーツの収納方法についてご紹介します。

    下駄箱にしまう靴と玄関に出しておく靴の仕分け方

    著者の家は、夫・著者・3歳の娘の3人家族です。それぞれ下記の通り出しておく靴の数を決めています。

    平日会社に行っており、スーツ用の靴しか履かないので、その1足を常に玄関に出し、その他休日に履く靴はすべて下駄箱の中にしまいます。

    著者

    マンション下まで、ゴミ出しや新聞を取りに行ったりするためのサンダルを1足、外出用の靴として夏はミュールなどのサンダル・冬はブーツを1足、計2足を玄関に出し、その他は下駄箱です。

    子供

    著者と同様に、マンション下まで行く際に履くサンダルを1足、幼稚園の革靴を1足、通常の外出用の靴として夏はクロックス・冬はブーツを1足ずつ、計3足を玄関に出し、その他は下駄箱です。

    履いた後にしまうタイミング

    帰宅後すぐに下駄箱へは入れず、一晩玄関に置いた後にしまいます。

    冬の時期の収納方法

    収納の仕方

    著者宅の下駄箱は、棚の幅が狭いので、ショーツブーツが縦に収納できません。横に寝かせて収納すると、無駄にスペースを取ってしまうため、下駄箱には入れず、購入時の箱に収納し、冬の間は玄関脇に置いています。

    収納のポイント

    足首から膝下部分の形が崩れないよう、購入時にブーツの中に入っていた紙をそのまま使用して中につめておきます。

    湿気・ニオイ対策

    お菓子などの食品についてくる「シリカゲル」を取っておき、使用後のブーツの中に入れておきます。そうすることで湿気を防止して、湿気に伴い発生するニオイも抑えてくれます。

    履かない季節の収納方法

    収納の仕方

    箱の蓋をする前に、洋服などを包んでいたカサカサした包装紙をかぶせます。こうすることで、表面の汚れを防止するとともに、ブーツの中に入れた乾燥剤の効果が高まります。

    収納場所

    下駄箱ではなく、掃除道具などを入れている廊下の大きな棚に収納しています。右下の白い箱の中が著者のブーツで、右上の黒い箱の中には夫のブーツが入っています。ちなみに左側は来客用のスリッパです。

    その他注意点

    外出先で土などの汚れがついた場合は、ウエットティッシュなどできちんと汚れを落としてから収納するようにしましょう。形を崩さず、購入時のままの姿で収納することが、きれいに維持していくために大切だと思います。

    おわりに

    いかがでしたか。ショートブーツはロングブーツのように高さはありませんが、油断しているとすぐに形が崩れやすいですよね。購入時の箱等を上手に利用して、長く履いていきたいものです。

    少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人