\ フォローしてね /

ここだけは押さえよう!形容動詞の学び方

形容動詞とは、物や人の状態や性質を表す単語です。現代語に形容動詞があるように、もちろん古文の世界にも形容動詞があります。今回は古文の形容動詞の学び方についてご紹介したいと思います。

形容動詞の学び方

形容動詞とは

形容動詞とは、何かを「形容する」ための言葉です。これは「形容詞」と同じなのですが、どうして形容動詞と呼ばれるかというと、活用の仕方が動詞によく似ているからだそうです。

形容動詞の例

形容動詞には、以下のようなものがあります。

  • 静かなり
  • 堂々たり
  • いたづらなり
  • 漫々たり 等

形容動詞の見分け方

文中から形容動詞を見分けるために、まず形容動詞の特徴を覚えましょう。

形容動詞の特徴は、自立語で、活用があり、用言で、言い切りが「なり・たり」で終わるものです。

自立語とはその言葉だけで意味を持つもの、活用があるとは前後の文により、語尾が変化するもの、用言とは述語になるもの、のことです。

そして、一番重要なのが言い切りが「なり・たり」で終わるという特徴です。上記した形容動詞の例もすべて「なり・たり」で終わっています。

自立語で活用があり、用言であるという特徴は「形容詞」と全く同じですが、ここが形容詞と形容動詞の違いになるので、しっかりと覚えておきましょう。

形容動詞が活用している場合は、終止形が「なり・たり」で終わるかを確認して下さい。

形容動詞の活用法

形容動詞の活用にはナリ活用・タリ活用の2つの種類があります。

ナリ活用

言い切りの形が「語幹+なり」となるもので、前述の形容動詞の中では「静かなり・いたづらなり」が、「静か+なり・いたづら+なり」となり、これに当たります。

形容動詞「静かなり」の場合、活用の仕方は以下の通りです。

  • 語幹:静か
  • 未然形:なら・〇・・・後に「ず・む」がつく
  • 連用形:なり・・・・後に「けり・て」がつく
  • 終止形:なり・〇・・・言い切りの形
  • 連体形:なる・〇・・・後に体言(名詞)などがつく
  • 已然形:なれ・〇・・・後に「ど・ども」がつく
  • 命令形:なれ・〇・・・命令する   ※〇は存在しない

上記のように、活用の仕方を表にしたものを活用表と呼び、これは覚える必要があります。

ここでのポイントは2つあります。

  • 語尾の変化は動詞の「ラ行変格活用」と同じ
  • 連用形のみ「に」とラ行変格活用以外の活用をする。

活用表を覚える場合、この2つを押さえていれば、意外と簡単に覚えられます。

あるいは「なら・なり・に・なり・なる・なれ・なれ(〇部分は飛ばす)」と声に出して覚えてしまう方法もあります。筆者はこちらの方法で覚えました。

タリ活用

言い切りの形が「語幹+たり」となるもので、前述の形容動詞の中では、「堂々たり・漫々たり」が「堂々+たり・漫々+たり」となり、これに当たります。「漢語(漢字の熟語)+たり」の場合が多いです。

「堂々たり」の場合、活用の仕方は以下の通りです。

  • 語幹:堂々
  • 未然形:たら・〇・・・後に「ず・む」がつく
  • 連用形:たり・・・・後に「けり・て」がつく
  • 終止形:たり・〇・・・言い切りの形
  • 連体形:たる・〇・・・後に体言(名詞)などがつく
  • 已然形:たれ・〇・・・後に「ど・ども」がつく
  • 命令形:たれ・〇・・・命令する  ※〇は存在しない

ここでのポイントも2つあります。

  • 語尾の変化は動詞の(ラ行変格活用)と同じ
  • 連用形のみ「と」とラ行変格活用以外の活用をする。

この2つを押さえて、こちらの活用表も覚えておきましょう。連用形以外はナリ活用の「な」が「た」に代わるだけなので、簡単です。

あるいは「たら・たり・と・たり・たる・たれ・たれ(〇部分は飛ばす)」と声に出して覚える方法もあります。筆者はこちらの方法で覚えました。

注意点

「ナリ活用・タリ活用」は活用の仕方がよく似ているので、連用形の「に(ナリ活用)・と(タリ活用)」を間違えることがよくあります。特に注意して覚えて下さい。

「ナリ活用・タリ活用」の活用の仕方は動詞のラ行変格活用と同じです。ですので終止形は「~な・~た」です。ラ行四段活用の終止形「~なる・~たる」と間違えないように注意して下さい。

おわりに

今回は古文の形容動詞の学び方についてご紹介しました。みなさんの文法学習の手助けになれば幸いです。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。