\ フォローしてね /

こまめな掃除が一番!シロッコファンのレンジフード掃除方法

レンジフードはこまめな掃除が大切です。筆者は賃貸マンションの時、半年に1度しか掃除しないで放っておいたら、油でべとべとになって大変な手間がかかりました。その反省に基づき、新居に引っ越してからは、毎月掃除をしています。

そんな筆者なりのレンジフードの掃除の方法について、ご紹介していきます。

掃除の頻度、タイミング

毎月1回掃除しています。タイミングは、朝ごはんの支度と片付けが終わった後、昼間に行うようにしています。その方が油汚れのべとべとが見えやすいからです。

掃除に必要な道具

  • レンジ用洗剤
  • スポンジ
  • メラミンスポンジ

掃除の具体的な手順

筆者の使っているレンジフードは、ノンフィルタのシロッコファンタイプです。ご了承の上、お読み下さい。

STEP1:部品を外す

整流板を外します。

落下防止枠を外します。

ファンを外します。

油トレイを外します。

STEP2:整流板に洗剤をつける

整流板に洗剤をスプレーします。90センチ幅の整流板で、5回程度スプレーすれば十分です。

STEP3:整流板をスポンジで擦る

スポンジで擦って油汚れを落とします。べとべとした感じの所は、とくに丁寧に擦ります。裏も表もスポンジで洗ってから、水で洗剤を洗い流します。

STEP4:他の部品に洗剤をつける

ファン、落下防止枠、油トレイに洗剤をスプレーします。こちらは、ファンに10回、落下防止枠に3回、油トレイに3回程度です。

STEP5:落下防止枠と油トレイをスポンジで擦る

落下防止枠と油トレイをスポンジで擦って、油汚れを落とします。油汚れは白っぽくなっているはずなので、そういう場所はとくに丁寧に擦ります。

STEP6:ファンをスポンジで擦る

ファンの油汚れをスポンジで擦ります。羽と羽の間にスポンジを押し込むようにして、一枚一枚、丁寧にごしごし擦ります。内側から擦ったら、今度は外側からも擦ります。

スポンジを羽と羽の間に押しこむようにして下さい。そうでないと、表面の汚れしかとれません。

STEP7:汚れを洗い流す

洗剤を洗い流します。整流板と一緒に15分程おいて乾かします。その間に、レンジフード本体の掃除をします。

STEP8:メラミンスポンジを湿らせる

メラミンスポンジを水でしめらせて、ぎゅっと絞ります。

STEP9:レンジフードの内側を擦る

レンジフードの内側をメラミンスポンジで擦って、油汚れを落としていきます。とくに、内側の角や隅は、油汚れがたまりやすいので、注意して擦るようにしましょう。

STEP10:レンジフードの外側を擦る

レンジフードの外側も、メラミンスポンジで擦ります。とくに、レンジフードの上はホコリが多いので、丁寧に擦るようにしています。

STEP10:部品を元に戻す

掃除した部品が乾いたらセットして終了です。

筆者なりの工夫

レンジフード本体の掃除をする時、以前は洗剤をつけたスポンジで擦ってから乾いた布で拭っていました。でもそうすると、洗剤や油汚れがボタボタとコンロやカウンターの上に落ちてしまうのです。

そのため筆者は、レンジフード本体の掃除にはメラミンスポンジを使うようになりました。油汚れもとれやすいですし、後で拭う必要もなくて便利だと思います。

その他、レンジフードの掃除で注意すること

レンジフードの油汚れをとる際、油汚れに強い洗剤を使うと思います。必ずゴム手袋をして作業することをお薦めいたします。素手で作業すると手が荒れてしまいますのでご注意下さい。

おわりに

レンジフードの掃除は大変ですが、こまめにやる事で油汚れが楽に落とせるようになります。こまめに行うことをお薦めいたします。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。