\ フォローしてね /

富山の古民家の特徴「アズマダチ」と「ワクノウチ」

このライフレシピのもくじたたむ

富山の古民家の特徴「アズマダチ」と「ワクノウチ」 をご存じですか?

本記事は、住まい教育推進協会のご協力により、2013年に執筆されたものです。

アズマダチ

富山県西部に多い屋根の形で、切妻の妻面を東に向け、瓦屋根の大屋根形式です。漆塗りの太い束と梁を格子状に組み、ひと升に1~2枚の大貫を入れ、白壁で仕上げます。

幅の広い破風板が、斜めに大きく切り下がる造形となります。

ワクノウチ

この地域は、ワクノウチと呼ばれる広間の架構構造があります。上大黒柱と下大黒柱の間にウシと呼ばれる横梁を渡し、この上にハリマモンという縦梁を直行させ、さらにハリヤスミを1間スパンで配置して作られる天井の高い空間で、ケヤキやスギ、アテ、マツ等が贅沢に使われ漆塗りの仕上げとなります。

また、この地方はカイニョと呼ばれる屋敷林が作られます。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。