\ フォローしてね /

中学地理「中国・四国地方」の攻略法

中学生でも日本地理が苦手な生徒が意外と多いようです。

中国・四国地方は「中国地方」と「四国地方」に分けて扱うことが多いので、ここでも中国地方と四国地方を分けて扱います。

中国地方、四国地方はそれぞれが一つにまとまっているので、分けて覚えると分かりやすいです。

中国地方の概要、気候

概要

中国地方は鳥取、島根、岡山、広島、山口の5県を指します。中国山地を境にして、山陰(鳥取・島根)と山陽(岡山・広島・山口)に分けることができます。

気候

気候は中国山地を境に山陰側の日本海岸気候と、山陽側の瀬戸内気候に大きく分けられます。

山陰側の日本海岸気候は冬に雨や雪が多くなります。それは冬の北東季節風が日本海を通る時に湿った空気を含み、中国山地にぶつかった際に雨や雪となって山陰側に降り注ぐからです。

山陽側の瀬戸内気候は梅雨と秋雨の時期を除いて、年間を通じて雨が少ないのが特徴です。冬は中国山地が、また夏は四国山地が壁となり、乾いた空気となって入り込むため、季節による雨量の変化がおきにくいのです。

中国地方各県の概要

鳥取県

  • 人口:約60万人
  • 面積:約3500平方キロメートル

全国の都道府県の中で最も人口が少ない県です。また、面積も41番目と小さめの広さとなります。また、鳥取市の人口は約20万人で、全国の県庁所在地都市では最も人口の少ない都市です。

鳥取砂丘が有名です。冬は西日本有数の豪雪地帯となります。

海岸沿いの砂丘を利用したらっきょうや梨(特に二十世紀梨)の栽培が有名です。また、意外にもスイカの栽培も盛んです。

工業は携帯電話の製造で有名だった三洋テクノソリューションズ鳥取(旧:鳥取三洋)があります。現在は携帯電話ではなく、カーオーディオなどの自動車関連の部品を作っています。

島根県

  • 人口:約70万人
  • 面積:約6700平方キロメートル

全国の都道府県の中で鳥取県に次いで、人口が少ない県です。ただし、鳥取県と違って、面積が広く東西に細長いため、東部の出雲地区と西部の石見地方の2つ、隠岐諸島に大きく分けることができます。

県庁所在地は松江市で、県名と都市名が異なります。

石見(いわみ)銀山はかつては世界の3分の1の銀を産出していました。2007年に世界文化遺産に登録されました。また、出雲大社は日本を代表する神社の一つです。

農業は米、ぶどう、メロンの栽培、畜産業は牛肉の生産が盛んで、工業は鉄鋼・電気関係の製造が盛んです。

岡山県

  • 人口:約190万人
  • 面積:約7100平方キロメートル

岡山市は2009年4月に政令指定都市になりました。岡山はもともと岡山県宇野市と香川県高松市を結ぶ、宇高高速船によって、四国との交通の結節点として栄えました。瀬戸大橋の開通後は高速道路と鉄道で四国を結ぶ要所となり、その重要性は増すばかりです。

桃太郎伝説で有名な吉備団子、日本三大庭園の一つである後楽園があります。

また、典型的な瀬戸内気候であり、県庁所在地の中では1日の雨量が1mm以下の日が最も多いため、「晴れの国岡山」と言われております。農業もその特徴を生かしたマスカットや桃の栽培が盛んです。

広島県

  • 人口:約280万人
  • 面積:約8500平方キロメートル

広島市は中国・四国地方で最大の都市であり、中国・四国地方もしくは中国地方を統括する官公庁が集まるサービス業が盛んな都市です。また、マツダの本社があるため、自動車工業などの工業も盛んです。

県内に原爆ドーム(広島市)と厳島神社(廿日市市)の二つの世界遺産があり、観光客がたくさん訪れます。

山口県

  • 人口:約140万人
  • 面積:約6100平方キロメートル

山口市は県庁所在都市でありながら、県内の経済の中心ではなく、人口も下関市の方が多いと言う珍しい都市です。山口市と下関市の関係は、アメリカのワシントンDCとニューヨークのようなモノだと考えるとわかりやすいと思います。

現首相の安倍晋三氏を筆頭に9名もの首相を輩出しており、これは日本最多です。

秋吉台には日本最大のカルスト台地(石灰岩などの水に溶けやすい岩石で構成された大地)があり、独特の地形が広がっています。

四国地方の概要、気候

概要

四国地方は香川、徳島、愛媛、高知の4県を指します。お遍路さんで有名な四国八十八箇所があります。

気候

四国を東西に貫く四国山地を境に瀬戸内気候と太平洋岸気候に大きく分かれます。

四国山地の北側にある香川、愛媛の東予・中予地方、徳島の吉野川以北は瀬戸内気候になり、梅雨と秋雨の時期を除いて、年間を通じて雨が少ないのが特徴です。冬は中国山地が、また夏は四国山地が壁となり、乾いた空気となって入り込むため、季節による雨量の変化がおきにくいのです。

四国山地の南側にある愛媛の南予地方、徳島の大部分と高知は太平洋岸気候となり、夏は南東からの季節風により雨が多くなります。一方、冬は北から乾いた空気が入るため、空気が乾燥します。

四国地方各県の概要

香川県

  • 人口:約100万人
  • 面積:約1900平方キロメートル

香川県は全国の都道府県の中で一番面積の狭い県です。なんと、岐阜県高山市よりも狭いのです。

香川県の県庁所在地は高松市で、県名と都市名が異なります。

高松市はもともと、宇高高速船で本州と結ばれていたこともあり、早くから四国の中心都市として栄えていました。瀬戸大橋が出来てからは、四国の玄関口としての役割がさらに強まっています。そのため、四国地方を統括する官公庁が集まります。

讃岐うどん発祥の地でも有名です。雨が少ないため、渇水に備えて県内に14000を越えるため池があります。

徳島県

  • 人口:約80万人
  • 面積:約4100平方キロメートル

古くから淡路島を通じて、関西地方の結びつきが強いです。鳴門大橋の開通により、関西地方との結びつきは強まる一方です。四国の東の玄関口とも言えます。

農業は京阪神に近いことを利用した近郊農業が盛んです。米、にんじんなどの野菜、みかんなどの果物など幅広く栽培しています。畜産業は阿波牛が有名です。また、鳴門海峡に近いことから水産業も盛んです。

工業は大塚製薬の研究所があることで有名です。また、藍染などの伝統工芸なども盛んです。

愛媛県

  • 人口:約140万人
  • 面積:約5700平方キロメートル

愛媛県の県庁所在地である松山市は、県名と都市名が異なります。

四国地方最大の人口を擁する県です。松山市も四国地方最大の都市です。しかし、ごく一部の官公庁を除き、統括する官公庁は全て高松市にあるため、松山市は民間サービス業で栄えている街と言えます。

瀬戸内気候の雨が少なく温暖な気候を利用したみかん栽培が盛んで、和歌山県に次いで、全国で2番目に生産量が多いです。

高知県

  • 人口:約70万人
  • 面積:約7100平方キロメートル

太平洋に面しているため、典型的な太平洋岸気候となります。また、暖流である黒潮(日本海流)が流れ込むため、冬でも温暖です。高知平野において、雪が降ることはほとんどありません。

温暖な気候を利用したピーマンやトマトなどの野菜の促成栽培が盛んです。また、プロ野球やJリーグなどの春季キャンプの一つとしても有名です。

おわりに

これを参考に中国・四国地方の学習が進めば、幸いです。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。