1. 暮らし
    2. クエン酸でつけ置きしよう!加湿器のお手入れ方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    クエン酸でつけ置きしよう!加湿器のお手入れ方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    乾燥が激しい冬は、加湿器のお世話になることが多いと思います。喉が弱い人にとっては欠かせない物ですが、きちんとお手入れしないと雑菌が繁殖してしまい、逆に肺炎などの原因にもなるそうです。

    この記事では、筆者が実践しているお手入れ方法をご紹介したいと思います。筆者が実践しているクエン酸での洗浄は、漬け置きをすることで、汚れを浮かせてスッキリと洗い上げることができます。ぜひ、お試しくださいね。

    メーカーによって外せる部品も色々と違うので、必ず説明書を読み、その加湿器にあったお手入れの方法を行って下さい。

    掃除に必要な道具

    • ぬるま湯
    • クエン酸
    • マジックリンのようなアルカリ性洗剤
    • 布(又はタオル)
    • バケツ(又はたらい)

    掃除の具体的な手順

    STEP1:外せるパーツを外す

    加湿器のフタを開け、中のタンクなど外せるパーツを外します。

    STEP2:クエン酸でつけおき洗い

    加湿器を使用していると、内部に白い塊がこびりついてなかなか取れませんが、クエン酸を利用してつけ置き洗いをすると酸で塊が落ちます。内部に直接、ぬるま湯とクエン酸を入れます。その他のパーツもバケツなどに入れて、ぬるま湯とクエン酸を入れてつけおきします。

    クエン酸の量は適当ですが、大体1リットル位に小さじ2~3杯位入れています。つけ置き時間は2~3時間位ですが、汚れが酷い場合は1日置いても良いと思います。

    STEP3:フタと加湿器の外側の掃除

    フタと加湿器の外側は、マジックリンなどのアルカリ性洗剤を使うときれいになります。

    フタは、歯ブラシやスポンジなどに洗剤をつけてこすり、水できれいにすすいで下さい。加湿器の外側は、布に洗剤をつけて拭いた後、水拭きして洗剤をきれいに落として下さい。

    STEP4:乾燥させる

    きれいになったら、水気をふき取ります。また、お天気の良い日に外に干して、完全に乾かしてから片付けます。

    おわりに

    基本的にはシーズンが終わって片付ける時にこの掃除をしていますが、内部に白い塊が気になってきたときにも「STEP2」のつけ置き洗いをしています。

    加湿器のお掃除はちょっと面倒に思いますが、長く使うためにも是非きれいにしましょう。

    Twitterで紹介!

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人