\ フォローしてね /

簡単なのにかわいい!結びレモンの作り方

今回は、一手間かけるだけでかわいい、結びレモンの作り方をご紹介します。

用意するもの

  • レモン
  • 包丁

包丁の取り扱い、保管には注意しましょう。

結びレモンの作り方

STEP1:レモンを半分に切る

レモンを洗って水気を拭き、半分に切ります。

STEP2:レモンの端を切り落とす

レモンを置いた時に安定する為、結び目が良く見える為に、レモンの端(底になる部分)に斜めに包丁を入れ切り落とします。

真っ直ぐに置いているより、斜めの方が可愛く見えます。

STEP3:包丁を入れる

上下右左、どこに結び目を作るか考えて、作りたい位置から包丁を入れます。底が丸い場合は何処から切っても、出来上がってレモンをくるっとまわせばOKです。

しかしこれは、底を斜めに切ってるので場所が決まってきます。著者は向かって右上に来るように切りました。

STEP4:レモンの端の皮を剥ぐ

2~3mm位の幅で、グルッっとレモンの端の皮を剥ぎます。あと1cm位で繋がる所まで来たら切るのをやめます。

STEP5:皮を結ぶ

剥がしたレモンの皮を結びます。包丁を外すと、自然にクルッと丸まっています。

皮の端を丸まってる円の中に下から入れて引張ります。

STEP6:出来上がり

注意すべきポイント

レモンの皮を剥ぐ際、切り落とさないように注意しましょう。剥ぐ幅は、あまり細すぎると切れやすいですし、太すぎてもバランスが悪いです。レモンの大きさに合わせて加減するのがきれいにみえるポイントです。

飾りの役割もしますので、レモンは皮の色がきれいで、傷、黒点などの汚れの無い物を選びましょう。小ぶりの物の方がかわいいです。

おわりに

簡単な一手間[をかけるだけで、グンとお料理が手の込んだ物に変身します。ぱっと見は難しそうって思いますが、剥いで結ぶだけです。ぜひお試し下さい。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。