\ フォローしてね /

上手に手縫いで「返し縫い」を行う方法

昔から家庭科の時間が好きで、趣味でフェルトのマスコットを作ったり人形の洋服を作っていました。また、進んだ短大の被服学科ではドールファッションやパッチワークなどに触れてきました。

今回は手縫い時に活用される返し縫いについて説明します。

返し縫いとは

返し縫いとは、糸がほつれないよう強度を上げるために使われる縫い方です。ミシン縫いの時には、縫い始めと縫い終わりに登場します。手縫いの時には、初めから最後まですべて返し縫いを使用するということも少なくありません。

また、返し縫いには『本返し縫い』と『半返し縫い』があります。強度的には半返し縫いのほうが弱いので、こちらは薄い布を扱う時などに使用するといいでしょう。

用意するもの

  • 糸:わかりやすいように、水色のしつけ糸を使用しています。

本返し縫いのやり方

STEP1:一針目

玉結びをした糸を、布の裏側から刺して表に通します。その際、針は縫い始めの位置よりも一針分左に進めたところに刺します。

STEP2:二針目

続いて、二針目は縫い初めに刺します。つまり、一針分右に戻りましょう。

STEP3:三針目

三針目は、最初に刺した場所よりも左に一針分進めたところに刺します。ここで刺した位置によって一針分の大きさが決まります。

見栄えよく見せるには、ここの間隔が常に等間隔になるように意識することを心がけましょう。

STEP4:繰り返し

右に戻っては左に刺すという作業を繰り返していきます。右に刺す時は、一針目に刺したところと同じ箇所に刺すように縫っていきます。

それを繰り返すと、こんな感じになります。

STEP5:縫い終わり

表側の縫い終わりは、右に戻ってという工程で終わります。つまり、上の図にもあるように、最後に右に戻った一目の左側が縫い終わりの位置になります。

そのまま布をひっくり返すと、裏側はこのような状態になっています。

玉結びをします。

玉結び後、糸を切れば裏側はこのような状態に。

表側はこのようになっています。これにて完成です!

半返し縫いのやり方

STEP1:縫い始め

半返し縫いは、二針目までは本返し縫いと同じように縫います。つまり、縫い始めたい位置よりも一針分左に布の裏側から糸を通し、次に一針分右に戻ります。

その後、左側へ針を刺していくのですが、この時、間に二針分の間隔をとる必要があります。そして、右に戻るときは二針分間隔をとった中間に針を刺してください。

これを繰り返していくと、こちらの見た目は普通の並み縫いのような状態になります。

STEP2:縫い終わり

こちらの縫い終わりも本返し縫いの時と同様、表側は右に戻ってという工程で終わります。そこから布を裏返し、玉結びをして糸を切ると完成です。

ちなみに、こちらの裏側は本返し縫いの時よりも間隔が大きくなっています。

返し縫いが綺麗になるコツ

返し縫いを行うには、一針一針進めるごとに針を通して抜くようにすると間隔をそろえることが難しく、歪な線になってしまうかと思います。

そこで、右に戻るところから左に進めるところまでを一刺しで行うと左右のバランスがとりやすいので、比較的キレイに縫い進められるでしょう。

おわりに

この返し縫いの技さえあれば、ミシンを引っ張り出して縫うのが面倒だ…という時でも手縫いで代用することが可能です。これを活用して、あなたも裁縫に気軽に手軽に挑戦してみてはいかがでしょうか?

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。