\ フォローしてね /

手縫いでもできる!裾上げの方法

著者はミシンを使い始めたのは小学校高学年ですが、手縫いならもう少し前から我流でお人形のお洋服を作ったりしていました。

この記事では、ワンピースの裾上げの仕方をお人形の服を使ってご紹介します。

裾上げを紹介します

このお洋服を1.5cm裾上げして、短くしました。

少し短くなると、幼い感じになります。

使用する道具・材料

  • 裾上げする物…お人形のワンピース
  • 糸…お洋服に色を合わせた方が目立ちません

裾上げ方法

裾上げの方法には、ミシン、手縫い、裾上げテープ等いくつかあります。今回は、ミシンと手縫い(まつり縫い)をご説明します。

手縫いの方法

これは人形の服ですが、人間の洋服と同じ縫い方で作りましたので、違いはサイズが小さいという事です。

気をつけるポイントは、糸目を揃えて、丁寧に縫う事です。人間のギャザースカートやフレアースカートになると、すごい長さを縫う事になります。途中でやめたくなりますが、丁寧に、一針一針進めます。その覚悟が無い時はミシン縫いの方がいいかも知れません。

STEP1:しつけ

縫い方が解りやすい様に別布、目立つ糸でご説明します。裾を1.5cm幅に折ります。

もう1度折ります。これを二つ折りと言います。

待ち針で仮止めします。慣れている人はこの工程は省いてもOKです。

1.5cm~2cm位の大き目の針で、並縫いします。

著者はアイロンはかけませんが、アイロンをかける時は、裾部分(1番下の折り目)のみ軽くアイロンをかけます。折り目全体にきつくかけると布地によっては、表にくっきり段差が出てしまいます。

針の取り扱い、保管には十分注意して下さい。

STEP2:まつり縫い

針に糸を通し、玉結びをします。

折って縫う為、重なると見えない手前の布の裏から針を出し抜きます。

針が出た所より、1~2mm程横に針を刺し、一目すくいます。この救った目は表地に見えますので、短くすくいます。

あまり短いと何かに引っ掛かる等、力が加わると生地が敗れやすくなります。

針が出た所より、2mm位先に針を刺し、抜きます。これを繰り返します。

仕付け糸は最初の玉結びを切り、引張って抜きます。

表地から見ると、画像の様に並縫いに見えます。

目立たない糸で縫った場合

目立たない糸で縫った場合は、糸目が悪目立ちしませんので仕上がりはきれいです。

ミシンの方法

これは人形の服ですが、人間の洋服と同じ縫い方で作りましたので、違いはサイズが小さいという事です。

気をつけるポイントは、ミシンの針に気をつけて、スカートの裾から同じ位置を縫う事です。

STEP1:しつけしてから縫う

しつけまでは手縫いと同じです。二つ折りした部分を縫います。

折った部分の出来るだけ上を縫うと、ピラピラしないし、きれいに仕上がります。

表から見たら糸目が規則正しく並んでいます。手縫いより、糸目が見える量が多いので線の様に見えますが、均一に並ぶのできれいです。

お好みで手縫いかミシンか決めます。

裾上げを上手に行うためのポイント

ミシンも手縫いの場合も、色を目立たせてポイントに使う場合もありますが、布地と同系色の糸を使うと縫目が目立たずスッキリします。

手縫いの時は、表地をすくう際、折り返した布地のラインに添って(見えるか見えないか)縫うと、表から見た時、線が揃いそろいスッキリ見えます。

スカートは台形になっている場合が多く、単純に折ってまっすぐ縫っていくと最後には変なシワが集まってしまいます。微妙に表になる布を引張りながら、逆に、折り返した方の布を、気持ち縫い縮める感じに縫っていきます。

少し縫っては、軽く糸を引っぱり、指で糸をなぞり、縫目が縮まない、たるまない様に伸ばしながら進みます。

おわりに

裾上げは、アイロンでくっ付く裾上げテープもあり簡単ですが、布地によってはアイロンで、出て欲しくないラインがきっちり浮き出たりするのであまり使いません。

お人形の服はミシンが多いですが、大事なお洋服は縫い目の目立たない手縫いが多い等使い分けてます。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。