\ フォローしてね /

気軽に!手軽に!波止(防波堤)釣りを楽しむコツ

はじめに

釣りと一言に行っても海釣り、川釣り、船釣りといろいろなシチュエーションがありますが、一番楽しみやすいのは手軽にアクセスできる波止(防波堤)での海釣りではないでしょうか?

ここではそんな波止での釣りの楽しみ方のコツをお伝えします。

波止(防波堤)釣りを楽しむコツ

1.まずは気軽に挑戦してみる

基本的に波止場というのは車や公共機関でアクセスしやすい場所にあります。本格的な海釣りはちょっと…と思う方でも気軽に挑戦してみましょう。

道具なんてこだわらなくてもオッケー。安い竿でもリールでもそれなりに楽しめます。まずは海に行ってみることが第一。

筆者はごくごく安い釣りセットで、自宅近くの港の小さな波止場で主にアジ、キス、カマス、チヌ(クロダイ)、ヒラメ、コチ、コノシロ、ボラなどを釣っています。

それでもたいがいの場合狙った魚が釣れますし、季節によりいろいろな魚が狙えるのも波止釣りの醍醐味です。

2.釣果を狙うなら朝まずめ、夕まずめ

朝まずめは夜明け前から日が昇り明るくなるまで、夕まずめは日が落ちてから完全に暗くなるまでの時間です。

一般的にこの時間は魚の捕食活動が活発になり釣れやすいとされる時間です。要はお魚さんのお食事タイムです。

また潮の満ち引きも関係します。満ち潮と引き潮をの間、一般的に潮どまりと言われる時間は対流が弱まるので魚が回遊せず釣れにくいとされます。潮の満ち引きの時間を考え、潮が動いている時間に釣るのもポイントです。

ただ、ふらっといっても数時間釣れば潮は動きますし、やはりまずは気軽に行ってみることが重要ですよ。

3.分からないことは他の釣り人に聞いてみよう

始めて行く波止場。分からないことも多いかと思います。そうした場合は先に釣っている方に質問してみましょう。

「今日の釣果はどうですか?」「今は何が釣れますか?」「どんな仕掛けがいいですか?」なんでもいいです。釣り場というのは意外な連帯感が生まれていてみなさん親切に答えてくれるはずです。

各波止場にはたいがいそこの常連さんもいますし、仲良くなればいろいろと教えてくれるはずです。筆者も今の釣り場で最初はたくさん教えてもらいました(中には釣った魚をくれる方も!)。

釣り場に行ったら積極的に話しかけてみましょう。

4.とにかく気軽に手軽に!

釣りといっても基本はレジャーです。魚が釣れるに越したことはありませんが、海辺で一日釣り糸をたらしてみる時間というのは日ごろの喧騒から離れた素敵な時間になります。

そうした時間を楽しむのになにも難しいことはありません。道具が安かろうが、テクニックがなかろうが、釣れる時は釣れます。釣りを楽しむという気持ちが大事です。

おわりに

筆者はこうした波止場釣りを始めて10年くらいになります。最初は右も左も分かりませんでしたが、そうした常連の方などとの交流で今では毎週末のように波止場釣りを楽しんで、釣った新鮮な魚を食べるという贅沢をしています。

簡単に楽しめるからこそ魅力的な波止場釣り、挑戦してみてはいかがでしょうか?

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。