\ フォローしてね /

注意すべきカタカナ英語!日本人が最も苦手とする「l」と「r」発音のコツ

日本人がもっとも苦手とする英語の発音に「l」と「r」があります。この2つは、単語の中での配置場所によって、発音の仕方が変わってきます。

今回は、とくに文頭と文末に置かれた際の、発音のコツをお教えします。これを抑えておくと、ネイティブにも発音が通じやすくなりますよ。

なお、いくつか例単語を紹介しておりますが、それらの正しい発音、音声は「オンライン百科事典weblio」で、無料で聞くことが可能です。

それぞれリンクを記載しておきますので、よければ参考にしてください。

文頭の「L」と「R」

文頭の「L」は普通のラ行を読むように発音

何も意識せずに、「ら、り、る、れ、ろ」と発声してみてください。そうすると舌が勝手に上の前歯後ろあたりにくっつくのがわかりますよね。このままの発音でOKです。

文頭の「L」は通常のラ行の発音をしましょう。

文頭の「R」は最初に小さい「ゥ」を付けて発音

文頭の「R」を発音する時は以下の2点に注意してください。

  • 「ゥ」はおまけ程度で小さく発声します。はっきり「ウラ」などと発音しないようにしましょう。
  • 舌は口の中のどこにもつけないように注意しましょう。位置としては口の中の中央あたりです。
慣れるまでは、おおげさなぐらい「ぅ」をつける方がネイティブにも意味が通じます。

例を使って実際に練習してみましょう!

  • lesson [lésn](レッスン)…レッスン
  • rock [rάk] [rˈɔk](ロック)…ゥロック

ちなみに、「rock」の「ロ」は「ロ」と「ラ」の間位の音です。また「k」は先の「ゥロ」よりも控えめのボリュームで、はっきりと「ク」とは言わず、息も一緒に遠くに吹き出すように「クッ」と発音します。

なお、下記は発音の違いがわかりやすいので、是非こちらも比べて聞いてみてください。

  • lead [líːd]…リード
  • read [ríːd]…ゥリード

ちなみに、どちらの「d」も「ド」とはっきり発音するのではなく、
先の「リ(ゥリ)」よりも控えのボリュームで「ドゥ」と軽く発声します。

lessonの発音
rockの発音
leadの発音
readの発音

文末の「L」と「R」

文末の「L」は「オ」+「(聞こえるか聞こえない程度の)小さいル」

文頭の場合は、単語の音を発生すると同時に、舌が上の前歯後ろにくっつくことになりますが、文末の場合は、単語の発音を言い切る最後の最後に舌を上の前歯後ろにくっつけます。

発音カタカナで表現すると、文末の「L」は、「オ」+「(聞こえるか聞こえない程度の)小さいル」という音が近くなります。そして小さいルを発音する瞬間に舌を上の前歯後ろにつけます。

文末の「R」はラ行はほぼ発音しない

前の音をほんの少しのばすだけです。ただし、音をのばす」ことより、「のばし過ぎない」ことを意識してください。

文頭の場合と同じく、舌は口の中のどこにもつけず口の中央あたりにひっこめます。こうすることにより、少しくぐもったような音になります。

例を使って実際に練習してみましょう!

  • real [ríː(ə)l] [ ríəl] [ríəl] [ ríː(ə)l](リアル)…ゥリーオ(ル)
  • idol[άɪdl](アイドル)…アイドー(ル)
  • paper[péɪpɚ|‐pə](ペーパー)…ペイパ
realの発音
idolの発音
paperの発音

おわりに

「r」と「l」の最大の発音の仕方の違いは、舌の位置です。慣れるまでは、舌の位置を注意しながら発音するようにしてください。

本来、英語の発音は、カタカナで明確に表現できるものではありません。今回のコツでお伝えしたカタカナの発音表記は、あくまでそれっぽく聞こえるための参考として、心にとめていただければと思います。

どの単語に対しても言えますが、「聞き慣れ」と「発声慣れ」により、徐々に自然に発音ができるようになってきます。

単語一つ一つよりも、センテンスごとにいっきに聞き取る練習の方が効果的ですので、是非いろいろな英文で練習してくみてください。

なお、聞く際のポイントとしては、意味などは考えず、できれば目も閉じてとにかく音だけに集中する事です。何度も聞いたり、別のセンテンスでの同じ単語の音も聞いたりすることにより、聞き取れるようになってきます。

また、ある程度聞き慣れてきたら、自身で発音することも聞き取りができるようになるためのコツです。自分で発音できる音声は聞き取れるものですので。

ネイティブの人には、恥ずかしがらずに、思い切り発音してみてください!きっとちゃんと通じますよ!

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。