\ フォローしてね /

株のナンピン買いのコツと注意点

ナンピン買いとは、買った株の株価が下がったり閉まったりしたときに、さらに買い増しをすることです。ここでは、そのナンピン買いのコツについてご紹介します。

ナンピン買いの内容とメリット

10万円で買った銘柄10株が5万円まで下がってしまったとき、損失は10株×5万円の下落で50万円ですね。このあと8万円まで株価が回復したら、損失は20万円まで回復したことになります。

ここで、5万円に下落したとき、さらに10株を買うとしましょう。これがナンピン買いです。そして8万円まで戻ったとすると、最初に10万円で買った10株は20万円の損失ですが、5万円で買った10株は30万円の利益となり、合わせて10万円の利益となります。

つまり、ナンピン買いをすることにより「大きく株価を下げてしまった持ち株が、元の値段まで株価が大きく回復しなくとも、損失を回復できる」というメリットが得られます。

ナンピン買いのコツ

資金を多く持つ

有効的なナンピン買いをするには、余裕資金がたくさんあるほど圧倒的に有利です。

株価がいくら下がっても、それに合わせてナンピン買いをし続ければ、少し株価が回復しただけで損失を一気に補填できます。しかし、資金がなくなってナンピン買いをできなくなった場合に株価がさらに下がり続けると、もうこれは大きく回復するまで待つしか手が打てなくなります。

なので、資金を多く持っておくことは、絶対条件とも言えます。資金を多く持つために必要なのは、

  • 最初に買う量を減らす
  • 余裕資金を残しつつ、下がったときに買う量を少し増やす

という2つのルールです。

良い例

まず、「最初に買う株は売買資金の1割程度の資金で買える量に抑えておき、当初の値段から3割下げたら当初の資金の2割の資金で買う」というようなルールを定めます。

例を挙げますと、100万円の資金を持っているとき、株を買うのは10万円までです。ここで10万円の株を1株買ったとしましょう。そして3割下げたら、つまり7万円まで下落したら、当初の資金100万円の2割=20万円で株を買います。20万円あれば、2株は買えますね。そしてまた7万円から4万円まで下げたら、さらに20万円で買います。今度は5株買えます。この時点で8株買ったことになります。購入額は1株平均5.5万円です。なので、株価が4万円から5.5万円まで回復した時点で損失がなくなります。

悪い例

10万の時点から資金の半分50万円をつぎこみ5株を買い、7万円に下げた時もう50万円使って7株買ったとしましょう。持ち株は12株で1株平均8.25万円です。

この後、上に挙げた例のように4万円まで下がると、51万円の損失です。5.5万円まで回復してもまだ損失が33万円もあります。もうこうなったら損失がゼロに回復するには8.25万円に戻るまで待たないといけません。これが悪い例です。

注意点

ナンピンの重要ポイントは、「ルールに沿って機械的に行うこと」です。ナンピン買いの手法に限らず、株取引では感情的な売買は大損の元です。必ず、使う手法や自分で定めたルールには機械的に従うことが大切です。

一気に資金を全てつぎ込んでしまったり、自分で定めたタイミングよりも早まって売買してしまうようなことがあっては絶対にいけません。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。