\ フォローしてね /

北三陸の船釣りの楽しみ方!真鱈編

著者は北三陸の船釣りが好きです。

北三陸でメジャーな釣り物と云いますと、浅場(水深20m~80m程度)のカレイ・ヒラメ、中・深場(水深50m~140m程度)のマゾイ・沖メバル、そして深場(水深150m~300m程度)の真鱈・バラメヌケがあります。

ここでは真鱈釣りをピックアップしてご紹介します。

真鱈釣りの魅力

真鱈は1m/10kgオーバーも珍しくありません、100リッター近い大型のクーラーボックスですら満タンになる事も良く有ります。

釣り方は、ポイントの状態・潮の流れ・速さによって違ってきますので、船頭さんの指示に従って仕掛けの投入、回収までをセットで行っていきます。

深海での釣りは必ず船頭さんの指示がありますので、それに従って釣っていきます。

また大きくて美味しい外道(狙い以外の魚)が多いのも魅力です。

釣るのももちろん楽しいですが、自分で釣った獲物を美味しく料理するのもまた楽しいものです。

ここでもっとも大切なのが良い船頭さんを見つける事です。先ずはここに注力してください。

深場の根(魚の居付き場所)を潮の流れ・方向・風向きから読んで、仕掛けをピンポイントに獲物の居る場所に到達させるには、豊富な経験と高い技術が必要になるからです。

先の津波でずいぶん失われてしまいましたが、徐々に以前の活気を取り戻しつつあります。

必要な道具

鱈釣り風景です。道具がとても重く、手持ちでの釣りは無理なので、道具はロッドキーパーで船に固定して釣ります。

  • 竿(負荷300号)
  • 電動リール(新素材8号800m程度巻けるもの)
  • ロッドキーパー(ハリス負荷16号以上用)
  • 尻手ロープ(道具の落下防止)
  • バッテリー(電動リールの電源)
  • クーラーボックス(75リッター以上推奨。満タンになったらそこで終了)
  • 仕掛け(鱈専用仕掛け。針数は3本程度の方が捌きやすいので初心者におすすめです)
  • 餌は生秋刀魚を半身にして使います、一度の釣行で秋刀魚を15~20本程度使います。秋刀魚は予め三枚におろして用意しておきます。

ライフジャケットは絶対に必要です、また鱈の歯は危険なので針外し専用のペンチが必要です。

  • ライフジャケット
  • ペンチ

狙う季節

真鱈は季節によって市場価値が大きく変わります、冬場の鱈は最高に美味だからです。深海では通年狙えますが、特に珍重されるのは晩秋から産卵前です。特にオスの白子は食通の間でも評価が高いです。

春(産卵後~4月初旬頃まで)

産卵が終わり、体力を回復するため産卵場に近い浅場で荒食いをするので釣りやすいです。但し白子や真子はありません、寒鱈と云われて身は美味しいです。

夏(~9月中旬頃まで)

深場に居ます。足の速い魚なので、鮮度を維持したまま持ち帰るのは難しくなりますが、海は穏やかな日が多いので釣りそのものは楽です。

秋(9月下旬~11月下旬頃まで)

初期は白子がピンク色がかっていますが、水温の低下と共に大きく白くなっていきます。とても良く釣れる時期です。それほどの防寒着も必要ないのでおすすめです。

冬(12月~産卵直前)

厳寒期です。白子は最高の状態になっていますが、この頃は積極的に捕食しないようで大漁に恵まれる事は少なくなってきます。産卵は浅場(水深100あたり)で行うので湾内にまで入ってくるようになります。

おわりに

北三陸での真鱈釣りをご紹介しました。

他にも色々な魚が釣れますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。