\ フォローしてね /

フライパンで作る広島風お好み焼きの作り方

本格的な広島風お好み焼きは、鉄板職人さんの技で真似できない部分も多いですが、家庭用にアレンジしたレシピをご紹介します。フライパン1つで具材を順番に調理し、皿に盛り付けて仕上げます。カット野菜を使用すればとても簡単に作ることができます。

材料(直径20cm 1個分)

  • 小麦粉・・・15g
  • 水・・・30cc
  • 卵・・・2個
  • 油・・・小さじ1くらい
  • 焼きそば・・・1袋
  • 豚バラ肉・・・80g
  • もやし・・・120g
  • いか天(または天かす)・・・10g
  • 小口ねぎ・・・大さじ1盛り
  • 千切りキャベツ・・・2掴みくらい
  • かつお節・・・1g
  • 青のり・・・小さじ1
  • お好み焼きソース・・・大さじ2+お好み量
  • マヨネーズ・・・お好み量

作り方(調理時間:20分)

STEP1:お好み焼き生地を作る

小麦粉と水を混ぜ合わせ、溶いた卵大さじ1を加えます。なめらかになるまで混ぜてください。

STEP2:生地を焼く

フライパンを熱し少量の油を入れて、キッチンペーパーなどで薄く油を伸ばします。弱火にして生地を流し入れ、手早く平らにならします。生地の外側がカリッとしてめくれてきたら、裏返して反対側も焼きます。好みの焼き色になったら皿によそってください。

STEP3:生地に具を盛りつける

生地の上に千切りキャベツ・小口ねぎ・砕いたいか天をのせます。

STEP4:焼きそばを作る

生地を焼いたフライパンを再び熱し、油を少量入れ豚肉を炒めます。豚肉はお好みの大きさで使用してください。中火で焼き色をつけたら焼きそばをほぐして加えます。

肉と麺を軽く混ぜ合わせたら、お好み焼きソース大さじ2を入れて、中火で約2分炒めます。ソースが絡んで水気が飛んできたら、もやしを入れて軽く炒め合わせて、STEP3の皿にのせます。

STEP5:卵を焼く

再度フライパンを熱し油を少量入れたら、卵を流し入れます。弱火で約1分を目安に裏側がはがせる程度に焼きます。

半熟状態が好みなら、すぐフライ返しなどで裏側をすくって焼きそばの上にのせます。表面まで固めるときは、火を止めフタをするかホイルをかぶせて1~3分放置で調節し、好みに仕上げて皿にのせてください。

STEP6:仕上げ

卵の上にソース・マヨネーズ・かつお節・青のりをかけて出来上がりです。

さいごに

上記材料分はここで使用した量ですが、豚肉・野菜・ソースなどはお好みの量で作ってください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。