\ フォローしてね /

知っておきたい!ホエールウォッチングの体験前の5つのポイント

このライフレシピのもくじたたむ

地球最大の哺乳類、クジラ。ダイナミックに泳ぐ姿や、尾びれやしっぽを水面に叩き付けて遊ぶ姿は大迫力。一度は見ておきたい光景です。ここでは、ホエールウォッチングをツアー予約する前に知っておきたい5つのポイントをご紹介します。

本記事は、あそびゅー!のご協力により、2013年に執筆されたものです。

クジラに会いに行こう!

1:催行時期・シーズン

催行時期はクジラの種類やエリアによって様々です。小笠原諸島であれば12月末~5月中旬頃、熊野灘(和歌山県)なら3月下旬~9月頃、座間味(沖縄県)だと12月から4月頃になります。

2:クジラとの遭遇率

広い海でクジラと100%会えるという保証はありませんが、ホエールウォッチングのツアーを選ぶ際、遭遇率はチェックしておきたいポイントです。ツアー紹介などに遭遇率の具体的な数字やデータが記載されている場合もあるので、参考にしましょう。

3:必要な持ち物は

ホエールウォッチングを体験するなら、酔い止めは必ず用意して行きましょう。普段乗り物酔いをしない人も、周りの状況や天候で酔ってしまうことがありますので、自信のない人は船に乗る前に薬を飲んでおくことをおすすめします。

双眼鏡があるととても便利です。

4:国内の代表的なエリア ~小笠原諸島~

ザトウクジラやマッコウクジラが見られると人気の小笠原諸島は、ホエールウォッチングのメッカです。ツアー催行時期は12月末~5月中旬頃までですが、より遭遇率が高くウォッチングに適した2月から4月がおすすめです。子育て中のクジラに遭遇できるかも。

ミナミバンドウイルカやハシナガイルカなどにも会えます。

5:ツアーを予約しよう

ホエールウォッチングツアーは、事前の予約が必要です。レジャー専門のサイトなら、場所や日程などを絞って検索・予約することが可能です。

おわりに

ホエールウォッチングは、プランによって時間や場所などもさまざま。希望に合ったプランを探してみましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。