\ フォローしてね /

一汁三菜が基本!日本料理の配膳方法

日本料理の配膳方法を知らずにいる方が意外と多いのではないでしょうか。テレビドラマでさえも、ご飯と味噌汁が逆に配膳されているシーンを度々目にします。

一度覚えてしまえば簡単なので、ぜひこの機会に基本を覚えて気持ち良く食事をしましょう。それでは、一汁三菜の配膳方法の仕方を紹介します。

使用した料理の種類

  • 主食…ご飯
  • 汁物…わかめの味噌汁
  • 主菜…ブリの照り焼き
  • 副菜1…トマトときゅうりのサラダ
  • 副菜2…湯豆腐のナス入り香味野菜ソースかけ

具体的に配膳する場所

手前の左に主食、その右に汁物を配置します。主食の奥に副菜1、汁物の奥に主菜を置き、その間に副菜2を配置します。

特に心がける点

茶碗やお皿には向きがあるものがありますので、配膳する時は食器の正面が食べる人の正面に来るように心がけましょう。

注意点

ここで説明した配膳の位置は、右利きの方を基準にしたものです。

家庭内において、左利きの方がいる場合は臨機応変に配膳位置を左右逆にしても良いでしょう。

おわりに

日本料理の基本は一汁三菜です。一汁三菜の配膳の位置を知っておくというのも食事のマナーのひとつです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。