1. 雑学
    2. 高校「国語」古典の敬語(尊敬表現)の学び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    高校「国語」古典の敬語(尊敬表現)の学び方

    このライフレシピのもくじたたむ

    ここでは、高校で習う古語の尊敬表現について説明します。

    敬意の方向

    尊敬語が使われると、主体(動作を行う人)に対して、敬意を表します。簡単に言うと、主語への敬意を表す、といったところです。また、地の文(会話文以外)では、文章の作者から、会話文では、会話の発言者から、敬意が払われます。

    • 例:御使が「中宮が女房にそのことをのたまふ」と言ふ。

    「のたまふ」が尊敬語で、会話文中にあるので、御使(発話者)から中宮(会話文中の主語)に敬意が払われています。

    • 例:帝、御文見給ふ

    「給ふ」が尊敬語で、地の文にあるので、作者から帝(地の文に主語)に敬意が払われています。

    尊敬語の種類

    意味で基本的に分けています。なお、一番最後は、尊敬の補助動詞(動詞に付き、尊敬の表現を表す。それ自体に独特の意味はない)を載せています。

    おはす「いらっしゃる」

    • 例:竹の中におはするにて知りぬ

    訳:竹の中にいらっしゃるのでわかった。

    のたまふ・のたまはす「おっしゃる」

    • 例:答へてのたまふやう、「燕のもたる子安の貝を取らむ料なり」とのたまふ

    訳:答えておっしゃることには、「つばめの持っている子安貝を取ろうとするためだ」とおっしゃる。

    給ふ・たまはす「お与えになる」

    • 例:大御酒給ひ、禄給はむとて

    訳:お酒をくださり、褒美をくだされようとして、

    思す・おぼしめす「お思いになる」

    • 例:これを聞きて、かぐや姫すこしあはれと思しけり

    訳:これを聞いて、かぐや姫は少し気の毒にお思いになった。

    御覧ず「ご覧になる」

    • 例:上も常にもの御覧じに入らせ給ふ

    訳:主上も度々ものをご覧になるために入って来られる。

    きこしめす「お聞きになる・召し上がる」

    • 例:きたなき所の物きこしめしたれば

    訳:けがれた所の物を召し上がっていたので、

    あそばす「なさる」

    • 例:御手跡うつくしうあそばし

    訳:ご筆跡も立派にお書きになり、

    おほとのごもる「おやすみになる」

    • 例:宮はおほとのごもりにけり

    訳:若宮は、おやすみになってしまった。

    しろしめす「知っていらっしゃる・お治めになる」

    • 例:いま、すべらぎの、あめのしたしろしめすこと、

    訳:現在、天皇が天下をお治めになること、

    召す「お呼びになる」

    • 例:惟光召して

    訳:惟光をお呼びになって

    奉る・召す「お召しになる・お乗りになる・召し上がる」

    • 例:それより御輿に召して福原へ入らせおはします

    訳:そこから御輿にお乗りになって福原へお入りになられる。

    • 例:壺なる御薬奉れ

    訳:壺の中にあるお薬を召し上がりなさい。

    参る「召し上がる」

    • 例:物もつゆばかり参らず

    訳:食物も少しも召し上がらない。

    おはす・おはします・給ふ「~なさる」

    • 例:人目もいまはつつみ給はず泣き給ふ

    訳:人が見ている前でも今はもうはばかりなさらずに泣きなさる。

    注意点

    「奉る」は謙譲語で、「さし上げる」の意味も存在します。基本的に「奉る」は謙譲語の訳が多いです。ただ、その場合は大抵後に、尊敬語の「給ふ」があります。逆に、尊敬語の場合は「奉る」単独で使われることが多いです。

    また、「給ふ」にも謙譲語が存在しますが、尊敬語は四段活用に対し、謙譲語は下二段活用です。ただ、「給へ」はどちらにも存在しますから、これは、接続で見分けましょう。

    • 例:知りたまへればなむ…「知り/たまへ/れ/ば/なむ」に分けられます。「れ」が完了の助動詞「り」なので、「たまへ」は四段活用の已然形、つまり尊敬語になります。
    • 例:見たまへしかど…「見/たまへ/しか/ど」に分けられます。「しか」が過去の助動詞「き」なので、「たまへ」は連用形で下二段活用となり、謙譲語になります。

    おわりに

    「給ふ」の識別は、センター最頻出だと思うので、しっかりできるようにしましょう。

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人