\ フォローしてね /

専門店のセールが狙い目!トレッキングパンツを選ぶコツ

今や空前の山ブームで多くの老若男女が山へと繰り出しています。服装も昔と比べて随分とカラフルになってきました。

でも、色やデザインだけに気を取られないでください!しっかりとした素材と機能を備えたトレッキングパンツを履くことが快適なトレッキングのコツです。

ここでは、そんなトレッキングパンツを選ぶコツをお教えしましょう。

トレッキングパンツとは

トレッキングとは、山歩きのことです。つまり、街中の舗装された道路を歩くのとは違ってデコボコの舗装されてない道を、しかも長時間歩くことが多いので、動きやすく傷みにくいしっかりとした素材のものを選ぶことをおすすめします。

トレッキングパンツの種類と特長

種類

トレッキングパンツの丈には、ショート、七分丈、ロングなどの種類があり、大体のものはストレッチタイプが多く、ゆとりのある作りのものが多いです。

それは、山を歩く際には歩幅が大きくなるためです。

ジーンズのように足に密着して伸縮性もないと、とても歩きづらく疲れてしまいます。

特長とデザイン

歩きながら、ハンカチやティッシュや飴、女性ならリップクリームなどがすぐに取り出しやすいようにポケットがたくさんついているものが多いです。

素材と色

ナイロンやポリエステルなどがほとんどです。ほかには綿とポリエステルなどの混紡もあります。生地は丈夫で、木の枝等に多少ひっかけても簡単には破れません。

化学繊維のものは、雨に濡れても乾きやすく、軽いという特長もあります。

また、冬物になるとウールもあり、生地も厚手になります。色は、黒や紺、ベージュ、カーキ色、グレーや、チェックや柄があったりと豊富にあります。

選ぶコツ

ポイント1:丈はロングのもの

基本はロング丈がいいでしょう。トレッキング中には転ぶこともあります。また、虫や蛇等にに刺されたり噛まれたりすることがありますし、日焼けもします。

トレッキング中は肌をむき出しにしないほうが賢明です。

ポイント2:ストレッチのあるもの

理由ははじめに述べましたが、ストレッチのあるもので、サイズにも余裕のあるものを選びましょう。補足ですが、最近は女性ものでも股上の浅いものが多くなっています。

好みの問題ですが、試着して確認したほうがいいでしょう。

ポイント3:サイドにポケットのついているもの

パンツも膨らんでしまって見た目もよくないし、重くなってしまいますから、ポケットがあまり多すぎるのはかえって歩きづらくなると思います。

ただ、経験から言うとサイドについているポケットは重宝してます。女性の場合は、そこにエチケットシートなどを入れておくことができます。

ポイント4:季節に応じた素材のもの

当然ですが、季節に応じた素材のものを選びましょう。デザインや色もたくさんありますが、明るい色のものは汚れが目立ちます。色の濃いものは転んで土がついてもさほど目立ちません。

ポイント5:裾にゴムがついているもの

好みですが、パンツの裾にゴムがついていて裾を絞りこめるタイプのものもあります。裾が邪魔にならず便利です。

ポイント6:専門店のセールが狙い目

山の専門店で買うと、結構な値段だったりしますし、ブランドブームとでも言うのでしょうか、人気のブランドものはかなり高額だったりします。

反対に、専門店でなくてももっと安い値段で買うこともできるようになりました。ブランドに踊らされるのはどうかと思いますが、やはり専門店で買うのが素材も作りもしっかりしていると思います。

1着買えば数年は持つので、試着してよく吟味して自分に合ったトレッキングパンツを購入することをおすすめします。

ちなみに著者は、専門店のバーゲンの時にまとめ買いします。写真のパンツも、バーゲンでそれぞれ5000円から6000円で買いました。

最後に

機能やデザインなど気に入ったトレッキングパンツを購入して、楽しいトレッキングができるといいですね。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。