\ フォローしてね /

購入前に知っておきたい!カーテン価格設定の裏側

カーテンの値段がどのように決まるかご存知ですか?価格相場と言われもピンと来ない方が多いのではないでしょうか。

しかし、価格決定のしくみをきちんと知っておけば、理想のカーテンを適切なお値段で手に入れることも可能になるのです。今回はカーテン価格設定の裏側を紹介します。購入を検討中の方はぜひご覧ください。

本記事は、専門家プロファイルのご協力により、2013年に執筆されたものです。

カーテンの価格を左右するポイント

ポイント1:大きさ

窓の大きさが、大きければ大きい程、カーテンのサイズも大きくなり、価格が上がります。なので、大きな家でも、窓が小さければ少ない予算で済みます。

ポイント2:素材

天然素材と化学繊維では当然値段が異なりますが、同じ素材の物でも、糸1本の質・太さからその糸を生地にするまでの織り方によっても差は大きく出てきます。

ポイント3:デザイン

製法によるデザインとしては、プリントや刺しゅうなどがあります。

プリントなら使用する染料の質や色数による違いが大きいです。また、刺しゅうなら、その繊細さや加工法によっても大きく違ってきます。

ポイント4:デザイナー

もう1つのデザインの要素として、「意匠」と言いますか、その生地そのものを作るデザイナーも値段を左右します。

人気のデザイナーが作ったものには洋服などと同じように付加価値が付き、もちろんそれが価格に反映されます。

ポイント5:スタイル

スタイルも値段を左右する要素になります。値段だけのことを言えば、ヒダ率が少なければ少ないほど使用する生地が少ないので安くなります。

しかし、窓や生地の見栄えなどによってヒダ率を細かく変えたり、切り返しを入れたりトリムなどを付けたり上飾りを付けたりすると、値段は大きく変わってきます。

おわりに

その他にも、販売店によって採寸料、取付料、コーディネイト料、デザイン料、相談料などがかかる場合もあります。

カーテン生地価格の1つの目安は、その生地の1平方メートル(平米)あたりの単価です。どこのカーテン売場でも明記されているはずなので、購入前にしっかり確認しましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。