\ フォローしてね /

新聞紙を使って簡単!ガーデニングの土の処分方法

今回は、ガーデニングの土の処分方法についてご紹介します。

あなたのガーデニング経験

著者は自宅の塀と建物の間で季節の花やハーブ、野菜などを鉢植えで育てています。土はホームセンターで購入し、何シーズンか使用してパサパサしてきたら、ゴミに出すようにしています。

あなたが実践した土の処分方法

STEP1:鉢底石と土を分ける

広げた新聞紙の上で、園芸用のふるいに植物を抜いた後の鉢の中身を入れてふるって、鉢底石や土中に残った根っこと土を分けます。

STEP2:ゴミに出す

土がこぼれないように新聞紙を畳み、ビニール袋に入れてゴミに出します。土の量が多い時は、普通のビニール袋では、破れてしまう場合があるので、ホームセンターで売っている土嚢袋に入れるとよいです。

土をゴミに出すときは、お住まいの地域のゴミの分別方法をよく確かめましょう。

土を処分する際の注意点

著者の地域で土を捨てるときは、鉢などに入れて使用している少量の土は、燃えないゴミとして回収してくれることになっています。

花壇などの大量の土を処分する場合は、お住まいの市区町村に連絡してゴミに出す方法を確かめてください。

土を処分するかどうかの見分け方

著者は育てている植物が枯れたりして処分するときに、根っこが鉢いっぱいに張っていて、土がパサパサしているようだったら、処分するようにしています。

おわりに

土と分けた鉢底石は繰り返し使用できるので、とって置いてまた利用しましょう。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。