1. 雑学
    2. 高校「国語」古文・古文の文法の歴史的かなづかいの学び方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    高校「国語」古文・古文の文法の歴史的かなづかいの学び方

    国語の古文の中で「歴史的かなづかい」は、まず最初に学ぶべきことです。これをクリアしなければ、古文を読むことは難しいです。この「歴史的かなづかい」の学び方について、ご紹介していきます。

    「は・ひ・ふ・へ・ほ」の読み方ルール

    • は→ワ 例:かは→かわ(川)
    • ひ→イ 例:会ひ→会い
    • ふ→ウ 例:使ふ→使う
    • へ→エ 例:まへ→まえ(前)
    • ほ→オ 例:おおひ→多い

    古文では、「は・ひ・ふ・へ・ほ」を、「ワ・イ・ウ・エ・オ」と読みます。それぞれ例のとおりです。しっかり覚えておきましょう。

    重なる母音である「あう・あふ」「いう・いふ」「えう・やう」の読み方

    母音が重なる場合は、長音になります。

    • あう・あふ→オー 例:あふぎ →おうぎ(扇)
    • いう・いふ→ユー 例:いふ→ゆう
    • えう・やう→ヨー 例:やう→よう

    古文では、母音が重なると長音になり、のばすように変化します。それぞれ例の通りです。しっかり覚えておきましょう。

    「む」を「ン」と読む場合

    古文では、「む」を「ン」と読むことがあります。「む」が助動詞の場合です。例として、下にあげます。

    • あはむ→あわん
    • ~せむ→~せん
    • 給ひなむ→たまいなん

    このように、助動詞として使われる「む」は、「ン」と読む形になるので、注意しましょう。

    「ゐ」と「ゑ」の読み方

    「ゐ」と「ゑ」は、「イ」と「エ」と読みます。

    • ゐ→イ 例:もちゐる→もちいる
    • ゑ→エ 例:ゑむ(笑む)→えむ

    読み方をしっかり覚えておきましょう。

    おさえるべきポイント

    問題として出てくるのは、「この古文を現代仮名遣いに変えなさい」という問題です。この場合、求められているのは、「この古文は、現代ではどのような発音になりますか?」ということです。

    あくまで発音です。決して、口語訳などではないので、間違わないようにしましょう。「現代仮名遣い」イコール「発音」なのだと、理解される事が大切です。

    おわりに

    歴史的仮名遣いで主なものは、以上です。それぞれの例とあわせて、読み方を覚えるのが、学び方のコツだと思います。何度も口に出して、耳で聞いて、覚えるようにしましょう。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人