\ フォローしてね /

女ゼンマイが美味しい!ゼンマイの選び方のコツ

春の訪れを感じさせてくれる山菜は、昔から日本でよく食べられてきました。山菜の中でもゼンマイはワラビと並んで有名かと思います。北海道から沖縄まで日本全国で収獲できるゼンマイ。あなたの家のそばにも生えているかもしれません。

ここでは、美味しいゼンマイの見分け方をご紹介します。

旬と産地で見分けるポイント

寒い冬が終わり、少し暖かくなってくる春先に旬を迎えるゼンマイは、旬の産地が南から北へと北上します。3月中旬頃から九州で旬を迎え、そこから4月に本州に旬が来て、5月に東北へと北上していきます。

なので、新鮮なものを買う場合は、時期と産地を合わせて選ぶと良いです。

男と女で見分けるポイント

これは店頭で買う場合ではなく、自分で採る際のポイントですが、ゼンマイには「男ゼンマイ」「女ゼンマイ」と分かれており、「男ゼンマイ」は固くて美味しくないため「女ゼンマイ」を採るようにします。

男ゼンマイと女ゼンマイの違いは

ゼンマイを後ろから見た時に、ゼンマイの丸まっている部分、つまり渦巻きの部分が、膨らんでいるのが男ゼンマイ、平べったく厚みがないのが女ゼンマイです。平べったいものだけを採りましょう。

女ゼンマイの渦巻き部分は茎の部分とほぼ同じ厚みです。それに対し男ゼンマイは、胞子がついているのでモコモコしており、茎の部分よりも数センチ分厚くなっています。

形で見分けるポイント

新芽のゼンマイの頭の部分には、茶色くふわふわとした綿毛が覆っています。美味しいゼンマイはこの綿毛がしっかりと付いていて、葉が広がっていないものが良いです。

それから、茎の部分が太く赤みを帯びているもののほうが柔らかくて美味しいです。茎が細いものや緑のものは固いものが多いので気をつけましょう。

「これは成長しすぎている」と判断するポイント

ゼンマイは成長すると綿がなくなり、葉が開いてきます。ここまで成長すると美味しく食べることができません。綿がしっかりと頭部分を覆い、中心がキュッと閉まっているものを選びましょう。

おわりに

春の味覚ゼンマイは煮て食べたり色々な食べ方ができます。ぜひ美味しいゼンマイを採ってみてくださいね。

(image by 足成)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。