\ フォローしてね /

テレキャスの場合!エレキギターの弦の交換方法

エレキギターを使っていると弦が切れたり錆びて滑りが悪くなります。そこで今回は弦の交換方法を紹介します。

なれると簡単ですので、是非マスターしてください!

弦を交換するエレキギター

  • メーカー:SELVA
  • 種類:テレキャスター

準備するもの

交換用の弦

交換用の弦です。コレがないともちろん交換ができません。

ニッパー

弦を切るのにニッパーが必要です。ハサミだと6弦などが切れないので、ニッパーを用意してください。

交換手順

STEP1:弦を緩める

まずは弦を外すためにペグを回します。回す方向はギターを縦に見て、下方向です。

STEP2:弦を外す

回し続けて、弦が指板から離れるくらいになったら引き抜いてください。

このSTEP1と2を6弦から1弦まで行なってください。

STEP3:弦を押し込む

ネックから弦を外せたら、ブリッジ部分(弦が始まっている所)に移行してください。

ブリッジに弦が出ている穴があるので、そこに弦を押し込んでください。

STEP4:弦を抜く

押し込むとギターの裏面から弦が出てきますので、それを引っ張って抜いてください。

先が曲がって抜けない時はニッパーで先端を切って、まっすぐにすればスルッと抜けます。このSTEP3と4をすべての弦で行なって、ギターから弦をすべて取り除いてください。

STEP5:弦を準備する

次に弦を取り出してください。

STEP6:弦を入れる

さっきとほとんど逆の作業をします。先ほど6弦を抜いた箇所に新しく取り出した6弦を入れてください。

STEP7:弦を溝に合わせる

入れると表の穴から弦が出てきますので、ブリッジのみぞに合わせて弦を配置してください。

STEP8:弦をペグに差し込む

そのまま弦を引っ張って、ネックペグ部分の穴に差し込んでください。

STEP9:溝に合わせる

差し込めたらネックの箇所付近にある溝に弦を配置してください。

STEP10:ペグを回す

溝に置くことが出来たら、今度は外す時とは逆にペグを上に回してください。

STEP11:弦を巻く

ある程度ペグを回して、弦を触って音がなるようになったら余った弦を巻いていってください。

STEP12:余った部分を切る

1周か2周巻いたら、余った弦をニッパーで切り落とします。

6弦や5弦は太いので、巻きつけるだけで大丈夫です。

STEP13:巻いた弦を穴に通す

4弦以下は細いので巻きつけるだけでは外れる恐れが出てきます。

そこで巻きつけたらもう一度穴に通してください。

STEP14:引っ張って、余った部分を切る

穴に通したら引っ張ってください。引っ張りきったら余った弦を切り落としてください。

STEP15:完成

以上のSTEP6から14までを6弦から1弦まで行うと完成です!

上手に交換するコツ

コツとしては穴に入れて引っ張る時は力を入れて引っ張ることです。余計なたるみを無くすことで綺麗に張ることができます。

もし手で引っ張るのが難しい方はニッパーで噛ませて引っ張るといいと思います。

おわりに

以上が著者なりの交換方法でした。慣れてくると簡単に出来ますので何度も自分でやってみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。