\ フォローしてね /

活用の見分けが大事!下二段活用の動詞の学び方

ここでは、下二段活用について、解説しています。

下二段活用

未然形がe音から始まり、「e/e/u/uる/uれ/eよ」というように活用するのが下二段活用です。

例えば、「受く」はカ行下二段活用の動詞ですが、

  • 未然形 け
  • 連用形 け
  • 終止形 く
  • 連体形 くる
  • 已然形 くれ
  • 命令形 けよ

と活用します。

他の例語

得・心得

「得・心得」はア行下二段活用の動詞で

  • 未然形 え
  • 連用形 え
  • 終止形 う
  • 連体形 うる
  • 已然形 うれ
  • 命令形 えよ

となります。

「寝」はナ行下二段活用の動詞で

  • 未然形 ね
  • 連用形 ね
  • 終止形 ぬ
  • 連体形 ぬる
  • 已然形 ぬれ
  • 命令形 ねよ

のように活用します。

「経」はハ行下二段活用の動詞で

  • 未然形 へ
  • 連用形 へ
  • 終止形 ふ
  • 連体形 ふる
  • 已然形 ふれ
  • 命令形 へよ

となります。

植う・飢う・据う

「植う・飢う・据う」はワ行下二段活用の動詞で

  • 未然形 ゑ
  • 連用形 ゑ
  • 終止形 う
  • 連体形 うる
  • 已然形 うれ
  • 命令形 ゑよ

と活用します。

口語での活用と似ている点・注意する点

注意する点

下二段活用で押さえておきたいのは、四段活用との混同がよくあるということです。下二段活用を見分けるポイントに、動詞自体は可能の意味を持たない、ということがあります。

例えば、「明く」という動詞が何活用か見分けるには、未然形を作って(「ず」を付けて活用させて)見分ける方法が一般的ですが、「明く」に「ず」を付けると、「明かず」もしくは「明けず」となりますよね?

どっちかわからないじゃん!と思うかもしれませんが、動詞自体は可能の意味を持たないので、「明かず」(明かない)は不適当となり、「明く」が下二段活用だとわかります。

口語と似ている点

口語に似ているとすれば、「寝」の終止形はあくまで、「ぬ」です。「ねる」ではありません。また、「得・寝・経」は一語のため、下一段活用と勘違いしてしまいがちです。

「植う・飢う・据う」は終止形が「う」ですが、ア行ではありません。ア行の動詞は「得・心得」の二語のみです。

おわりに

注意点で挙げたものは、覚えておくといいでしょう。センターなどでもよく問われます。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。