\ フォローしてね /

接続で見分ける!高校古文の助動詞(断定)の学び方

ここでは、高校古文で習う断定の助動詞について、センターレベルで解説しています。

断定の助動詞「なり」「たり」

「なり」「たり」は形容動詞型の活用をします。

「なり」

  • 未然形 なら
  • 連用形 なり・に
  • 終止形 なり
  • 連体形 なる
  • 已然形 なれ
  • 命令形 なれ

「たり」

  • 未然形 たら
  • 連用形 たり・と
  • 終止形 たり
  • 連体形 たる
  • 已然形 たれ
  • 命令形 たれ

のように活用します。

意味と接続

「なり」「たり」の連用形の「に」「と」は

  • 「に」
  • 「と」+助詞+あり

の形でのみ使われます。

「たり」が体言(名詞)に接続するのに対して、「なり」は体言または連体形に接続します。また、「たり」が断定「~である」の意味のみに対して、「なり」は断定「~である」または存在「~にある」の二つの意味があります。

「たり」「なり」の意味の判定

「たり」の意味の判定

「たり」は完了の助動詞にもありますが、こちらは連用形接続なので見分けがつくでしょう。

  • 例:下として上に逆ふる事、あに人臣の礼たらむや
  • 訳:下の者であって、上の者に逆らう事は、どうして人臣の礼であろうか、いや、礼ではない。

「なり」の意味の判定

「なり」は伝聞推定の助動詞もありますが、こちらは終止形に接続するので、見分けがつくと思います。また、「あなり」のように撥音便のすぐ後にある「なり」は必ず伝聞推定です。

断定存在の「なり」の意味判定ですが、「なり」の直前に場所、方角を示す体言がある場合のみ、存在を意味します。それ以外は、断定です。

存在の例はこちらです。

  • 例:天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも
  • 訳:大空遠くはるかに見晴らすと、春日にある三笠の山に出た月なのだなあ。

断定の例はこちらです。

  • 例:ただ物をのみ見むとするなるべし
  • 訳:ただ単に物だけをみようとするのであろう。

おわりに

「たり」はほとんど聞かれません。「なり」の識別をきちんと把握しましょう。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。