1. 料理
    2. カミカミ期(9ヶ月〜11ヶ月)の離乳食!全がゆ(5倍がゆ)をご飯から作る方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    カミカミ期(9ヶ月〜11ヶ月)の離乳食!全がゆ(5倍がゆ)をご飯から作る方法

    離乳後期(カミカミ期)に作るおかゆは、全がゆ(5倍がゆ)と言います。食事は1日3回になり、おかゆの量は1回の食事で90〜100gくらい食べられるようになります(赤ちゃんによって個人差はあります)。

    おかゆの固さは、赤ちゃんの歯ぐきでつぶせるぐらいです。

    ここでは大人用に炊いたご飯を使って、全がゆ(5倍がゆ)を作る方法を紹介します。お米から作るおかゆよりは、短時間で作ることができますよ。

    材料(約1食分:90〜100g)

    • ご飯:50g
    • 水:100cc
    [ご飯と水の割合]ご飯 1 : 水 2

    道具

    • 蓋つき鍋
    • スプーン

    作り方(所要時間:20分)

    STEP1:鍋にご飯を入れる

    蓋つきの鍋を用意し、ご飯を入れます。

    STEP2:水を加える

    STEP1に水を加えます。

    STEP3:スプーンでならす

    固まってるご飯があれば、スプーン等を使ってくずしましょう。

    STEP4:火にかける

    STEP3を火にかけます。最初は中火にし、1〜2分して沸騰したら少し蓋をずらし、弱火にします。蓋をずらしたままトロ火にし、10〜15分煮ます。

    各家庭で使用するコンロは違いますので、沸騰するまでの時間はそれぞれ違います。鍋の前から離れないで様子を見ていましょう。
    鍋の底のほうが焦げやすくなりますので、時々木ヘラ等でかき混ぜましょう。

    STEP5:完成

    STEP4が出来たら火を止め10分程蒸らして完成です!

    作り方のコツ

    • ここで使った鍋は土鍋ですが、小さめの鍋で作ることも可能です。

    • 鍋で炊く時に気を付けたいのが火加減です。鍋の底に焦げ付いてしまうことがありますので、時々かきまぜるなどして注意しながら炊きましょう。

    • おかゆは多めに作って製氷皿やお弁当用のシリコンカップ等を用意し、15〜20gずつ計量して冷凍しておくと便利ですよ!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人