\ フォローしてね /

資産づくりと経済の活性化への第一歩となるか?NISA(ニーサ)の基礎知識

平成26年(西暦2014年)1月からスタートする少額投資非課税制度、その名も「NISA(ニーサ)」。家庭の資産づくりと日本経済の活性化のために導入される制度ですが、一体どういう制度なのかご存知でしょうか?

ここでは、知っておきたいNISAの基礎知識をご紹介します!

2013年、記事作成時の情報です。

NISAとは?

NISAってなに?

株式や投資信託などでは、利益として配当金や譲渡益を得ることができます。この利益には、通常「所得税」や「地方税」がかかります。この税率は、平成25年末までは10%ですが、平成26年からは20%となります。

そこで導入されるのが、このNISA。毎年100万円までの投資に対して、その利益を最長5年間、非課税にする制度です。要するに、年間100万円までの投資なら、どんなにたくさん利益を得ても税金を払わなくていいのです。

NISAの目的とは?

NISAには2つの目的があります。

まず、家庭での資産づくりに取り組みやすい環境を整えることです。今、日本の家庭のうち1/4が金融資産を所持していません。そこで、若い世代をはじめとする多くの家庭で、将来に向けて金融資産を増やせるよう、少額投資を優遇しようとしているのです。

次に、日本経済の活性化です。日本では、投資よりも貯蓄を選ぶ家庭が多いのですが、その貯蓄を投資に回すと企業が潤い、経済が活性化します。経済が活性化すると投資に回すお金も増え、さらに経済が活性化するという好循環が生まれます。

NISAの概要

NISAの対象となるのは、20歳以上の日本国内居住者のみです。また、上場株式などの公募投資信託の配当、譲渡益といった利益が非課税対象となります。制度が適用されるのは、平成26年から平成35年までの10年間です。

この期間中、年間100万円の新規投資額において、非課税となります。この100万円の枠は最長で5年間保有することができます。また、枠は最大で500万円とされているため、2年目以降に毎年100万円の新規投資をしていくと、5年目には500万円の枠を手にすることができます。

上図は、制度概要のイメージです。年間の投資枠は100万円が上限となっています。毎年新規投資を続けると5年目には500万円が非課税対象の投資額となりますが、投資額の非課税期間は5年間なので、6年目になると1年目の新規投資額は非課税対象外となります。

しかし1年目の投資額は、6年目の新規投資として継続保有することができます。すると、6年目以降は平成35年まで500万円の非課税投資枠を保有し続けることができるのです。

なお、平成35年以降は新規投資の非課税枠はありませんが、平成35年までに作られた非課税の新規投資枠については、5年間の非課税期間は継続します。つまり、平成35年に作った投資枠は、平成39年まで非課税なのです。よって、現時点では最長で14年間は非課税の恩恵を受けられるということになります。

NISAを活用!賢い少額投資のコツ

ポイント1:NISAが始まる前に口座を作っておく

NISAでは、1人につき1口座しか開設できません。また一度開設した口座は、設定期間内は変更ができませんので、よく調べて適切な金融機関に口座を開設する必要があります。

設定期間は、2014年1月1日~2017年12月31日、2018年1月1日~2021年12月31日、2022年1月1日~2023年12月31日の3つに区切られます。この期間内に開設した口座は、期間が終わるまで変更することができません。

いざ口座を開設しようと思ったときに慌てないよう、しっかりと準備をしておきたいものですよね。実は、制度が始まるのは平成26年1月1日からですが、口座開設の申し込みは平成25年10月から始まります。早めに準備を始め、制度が本格的に動き出す前に口座を開設しておきましょう。

口座選びのポイントとしては、以下のようなものが考えられます。

  • 取扱商品
  • 会社の信頼度

まず取り扱い口座です。口座は証券会社か銀行に開設することになりますが、両者で扱っている商品は異なります。購入したいと思っている商品を扱っているか、どのように扱っているのかなどを十分に検討する必要があります。

また、長い期間の付き合いになる口座ですので、会社の信頼度はとても重要なポイントです。途中で潰れてしまうなどのトラブルがないよう、安心して資金を預けられる会社を選びましょう。

ポイント2:短期投資より長期投資

NISAでは、上述の通り年間100万円という枠が決められています。仮に100万円の株を買い、それを5年間の間に売却したとしたら、その売却部分の投資枠を再利用することはできません。そのため、短期間で株の売買を繰り返して利益を得る短期投資では、すぐに100万円に達してしまいます。

そのため、基本的には長期投資向けの株や投資信託を買うのがかしこい使い方になるのではないでしょうか。特に投資信託は、少額から投資可能ですので、NISAのもととなったISAという制度のあるイギリスでも、運用の8割は投資信託となっています。

投資信託の中にも、低リスクなものや大きな分配を狙えるものなど、様々なものがあります。自分の経験や目的に合わせて、最善のものを選択しましょう。

意外な落とし穴!気をつけたいNISAの注意点

NISAには気を付けておきたいポイントがあります。それは、損失が生じた場合にメリットを受けられないということです。

例えば、NISAの口座で100万円の新規投資をした株が5年後に50万円に値下がりしていたとします。すると、その株式は一般の口座に移されることになります。もしこの株式が一般口座に移された後に80万円まで値上がりし、それを売却した場合、30万円の利益を得たとされ、この利益に対して20%、6万円の税金がかけられます。

もしはじめから一般口座で投資をしていれば、この株式は100万円から80万円に値下がりしたものとなり、単純に20万円の損失というだけで済みました。しかしはじめにNISAの口座を使ったばっかりに、26万円の損失となってしまったわけです。

このように、NISAの口座での投資で損失を出してしまうと、思わぬデメリットが生じてしまいます。NISAの口座では確実に利益を出せるものに投資をするべきでしょう。

おわりに

かしこく使えば投資初心者でもお得に投資ができる制度、NISA。少しでも上手に資産運用をしていきたいのならば、ぜひ視野に入れてみてはいかがでしょうか?

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。