1. 暮らし
    2. 効率的な配置で!キッチンシンク下の調理器具収納方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    効率的な配置で!キッチンシンク下の調理器具収納方法

    キッチンでは限られたスペースに、さまざまな調理器具を収納しなければいけませんね。

    ただ片付けるだけでは使い勝手が悪く、調理を効率的に行えません。いかに効率よく道具を取り出して使えるかは、料理の腕にも通じるのではないでしょうか?

    そこで今回は、主婦キャリアの長い筆者が行っている、キッチンシンク下の調理器具の収納方法を紹介しましょう。

    すっきり収納するためのコツ

    取捨選択をする

    色々な調理器具にあふれているキッチンですが、実際は全て使っているものではありませんね。

    筆者の場合も同じような器具が複数あるので、今必要なものだけを選びます。不要なものは収納場所を変えるなり、他の使い道がなければ処分するなりします。

    収納の仕方を工夫する

    調理器具は大きさも形もさまざまで、食器のように重ねるのは難しいですね。棚や仕切りなどを使って、できるだけ取り出しやすいように工夫することも大切です。

    場所決めはしっかり決め定期的に整理整頓する

    使った後にきちんと元通りに収納するのが理想ですが、毎回の事となると難しいかもしれません。しかし、器具によって収納場所を決めておけば、散らかることもなく、細かい整理整頓は時間のあるときにすればいいですね。

    包丁類の収納の仕方とポイント

    収納の仕方

    包丁類はシステムキッチンでは、大抵シンク下に専用の場所がありますね。筆者の場合も、シンクの下の扉についている包丁差しを使っています。

    パン切り包丁、出刃包丁、三徳包丁、ペティナイフの4本を主に使うので、常備してあります。

    ポイント

    シンクの下にあるので、洗った食材を切るときもそのまま動かずに使えます。差しこみ口に合わせて、収納する包丁の種類を決めておけば、下が見えなくてもわかります。

    フライ返し・お玉杓子などの収納の仕方とポイント

    収納の仕方

    フライ返しやお玉杓子などの器具は、ガス台横の調理台下の引き出しに収納しています。加熱中にもすぐに取り出せるので、シンク下に置くより効率的に使えます。

    100均で購入した引き出し用トレイを使って収納し、その他の軽量カップ、ピーラーなど短い器具は、食品用ブラスチックトレイを敷いて収納しています。

    ポイント

    使う頻度の低いものは奥の方に入れ、よく使うものだけをトレイに入れているので、多少ごちゃついても取り出すのは簡単です。引き出しに入れておくと、調理台もすっきりし、油で汚れることもありません。

    調理器具収納の注意点

    自分なりに動線を考える

    調理で無駄な時間をなくすためには、使いやすい場所に収納することが大事です。自分なりに動線を考えて場所を決めるようにしましょう。

    しっかり乾燥させてから収納する

    シンク下は湿気がこもりやすいので、使ったあとはしっかり乾燥させてから収納するようにしましょう。引き出しの場合も寝かせて置くので、湿気によるサビやカビに注意してください。

    安全面も考慮する

    包丁以外の調理器具で鋭利なものや刃のついたものは、置き方を考え安全に収納しましょう。

    シンク下以外の収納について

    シンク下の調理器具以外に、ボウル・ザル類収納の仕方とポイントについてもご紹介します。

    収納の仕方

    シンク下には排水パイプが通っているので、奥行きを考えて100均で購入したコの字棚を置き、ボウル・ザルを重ねて収納しています。これらも材料の下ごしらえで使う頻度が高いので、シンク下に置くのが便利です。

    ポイント

    大きさや材質によって使い分けしていますが、重ねる順番はその時々で決まりはありません。使いたいものをその都度取り出すので、自然に頻度の高いものが上の方になっています。

    さいごに

    必要最小限の調理器具や動線を、考えながらすっきり収納することができます。気持ち良く調理したいものですね。収納の参考にしていただければ嬉しいです。

    (image by amanaimages)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人