\ フォローしてね /

一瞬でわかる!決算書の金額を読む方法

はじめに

「一、十、百、千、万……」金額を数えるとき、このように一の位から数えていませんか? スピードが要求されるビジネスの現場でこのような数え方をしている時間はありません。

この記事では一瞬で決算書の金額を数える方法をご紹介します。

決算書に限らずさまざまな金額の表記にも対応できます。

コンマ(カンマ)を意識しよう!決算書(財務諸表)の金額を数える方法

金額を書くときに3桁ごとにコンマ(カンマ)をつけるルールがあります。100万円であれば「1,000,000円」というふうに書きます。

このコンマは決算書をはじめ、レシートや値札などのほとんどの金額についています。このコンマを意識すればあなたも直感的に金額を把握することができるようになります。

ではどのような理由から3桁ごとにコンマがついているのでしょうか。それは英語の数字の数え方に由来しています。

英語は3桁ごとに区切って数えられる

  • 1 thousand:千(1,000)
  • 1 million:百万(1,000,000)
  • 1 billion:十億(1,000,000,000)

日本語と違い、英語はこのように3桁ごとに位が上がります。そのため金額の表記は3桁ごとにコンマがついています。

基準となる位を覚える

以上のように1つ目のコンマは「千」、2つ目は「百万」、3つ目は「十億」と覚えておけば直感的に金額を数えることができます。決算書に出てくる数字はこの3つだけ覚えておけばほとんどカバーできるので、3つだけ覚えてしまいましょう!

これで「単位:百万円」にも対応できる

上場企業の決算書のほとんどは「単位:百万円」と記載されています。これは百万円未満の金額には重要性がないものとして省略していることを表しています。

このときには金額に「0」を6個付け加えて考えましょう! 例えば、金額に「2,000」と書いてあれば「0」を6個付け加えて「2,000,000,000」と考えます。

3つ目のコンマは「十億」なので、この金額は「二十億」となります。

おわりに

まれに「単位:千円」と書かれた決算書もありますが、それも同じように「0」を3個付け加えて考えましょう!

慣れるまでは少し頭を使いますが、慣れてしまえば金額を一目見ただけでいくらかわかるようになります。直感的に決算書の数字を読めるようになってできるビジネスマンになりましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。