\ フォローしてね /

家族へのバレンタインデーのお返しに!キャラメルポップコーンの作り方

ホワイトデーにぴったりな、キャラメルポップコーンの作り方についてご説明します!

用意するもの(約8カップ分)

  • ポップコーンのコーン:1/2 カップ(100g)
  • バター:120g
  • 砂糖:3/4カップ(150g)
  • ハチミツ:大さじ2
  • サラダ油:1/4カップ(50g)

作り方(調理時間約15分)

STEP1:フライパンをあたためる

フライパンに油をひき、中火にかけてコーンを2~3粒入れます。コーンが自然に少し動くくらいになったら、十分な熱さです。

STEP2:ポップコーンを作る

中火のまま残りのコーンを入れて、ふたをします。コーンがはじけ始めますが、こげないようフライパンをゆすり続けてください。

コーンがはじける音がしなくなったら、ボウルやタッパーに移します。はじけなかったコーンは捨ててください。

熱したコーンが飛ばないように、ふたはしっかり閉じてください。

STEP3:キャラメルを作り始める

バター、砂糖、ハチミツを鍋に入れ、中火にかけます。

砂糖が溶けるまで5~6分ほど、こげないよう注意しながらまぜます。

STEP4:キャラメルが完成!

沸騰してきたらさらに約5分、今度はまぜないで弱火にかけます。きつね色になったら出来上がりです。

STEP5:ポップコーンにキャラメルをかける

キャラメルをポップコーンにかけ、よくからめるように混ぜるます。混ぜたらベーキングペーパーを敷いたトレイや平皿などの上に移し、冷まします。

キャラメルでくっついたポップコーンの固まりは、小さくなるまで割ってください。

STEP6:包装

最近は100均でお菓子の包み紙も売っていますが、なければベーキングペーパーで包んでリボンでしばったり、ジャムやパスタソースの空き瓶に入れてプレゼントします。

おわりに

材料に卵と小麦を使わないので、卵や小麦アレルギーのお子さんにもオススメです。驚くほど短時間で簡単にできるので、子どもや親に渡す手軽なホワイトデーのお菓子としてはぴったりです。

ポップコーンは焦げやすいので、火にかけ始めたら目を離さないようにしましょう。

個数を気にしなくていいので、人が集まるカジュアルなパーティにも出せます。こどもの誕生会でも、あっという間になくなりました。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。