1. 暮らし
    2. 簡単にできる…窓の結露対策4つ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    簡単にできる…窓の結露対策4つ

    長年、住宅販売メーカーで働いています。お客さんからの質問で多いのが、冬場の窓の結露対策です。窓ガラス自体を結露しにくいものに変えるか、床暖房に変えるのが一番なんですが、それでは、お金がかかってしまいます。

    そんなこともあり、今回は、簡単にできる、窓の結露対策について、紹介します。

    1:自然換気をする・除湿する

    昔と違い、今は気密性の高い住宅が増えています。もし、二重サッシを使っていれば、結露も少ないと思いますが、普通のサッシの場合、1時間に1回は換気をして、部屋の空気を入れ替えて、部屋の温度を下げましょう。

    また、除湿機を使ったり、エアコンの除湿機能を使うのもいいと思います。本当は、換気扇が一番効率的ですが、部屋にはついていない場合がほとんどだと思うので、除湿機をおすすめします。

    それから、ガスや石油を使った暖房器具は、わりと結露しやすいので、電気代と相談になると思いますが、エアコンを使ったほうが、結露はしにくいです。

    ヒーターを置くときは、窓の下に置くと、部屋と窓の温度差が少なくなります。ヒーターを窓に向けて、窓自体を温めるという方法もあります。

    2:窓にシートを貼る

    窓に結露をしないシートを貼るのが、一番楽な方法です。ホームセンターなどで売っていますし、包装材のプチプチなどでも代用できます。

    3:部屋から湿気の原因を取り除く

    部屋に洗濯物を干していたり、乾燥するので、加湿器を使っている場合には、これらの水分が湿気の原因になることがあります。それでも、乾燥が気になるので、やめたくないと言う人には、やはり換気をおすすめします。

    4:まめに窓を拭く

    古典的ですが、新聞紙や雑巾などでまめに窓を拭くようにしましょう。特に、暖房をつけてから、温まるまでの間に一度拭いたほうがいいです。

    結露はそのままにしておくと、下に水が垂れたり、カーテンや壁紙が汚れて、カビが生えたりもします。

    おわりに

    ちょっとした手間で、結露対策をしてみてください。部屋が清潔になります。

    このライフレシピを書いた人