1. 暮らし
    2. びしょ濡れ窓にサヨナラ!結露対策グッズを活用しよう

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    びしょ濡れ窓にサヨナラ!結露対策グッズを活用しよう

    寒くなり、家の中で暖房を使う際に気になるのが、ビショビショになってしまう窓の結露ですよね。窓ガラスもサッシ部分もびしょびしょになってしまい、放っておくとカビ発生の原因にもなってしまいます。

    かと言って、雑巾を片手に毎朝、結露と奮闘するのも寒い冬にはなかなかの重労働ですよね。そんな悩める方のために、今回は結露対策グッズを紹介します。「こんなグッズがあったんだ!」という気付きになれば幸いです。

    結露とりワイパー

    ちりとりが逆さに向いたような形の結露とりワイパーは結露してしまった窓へ使います。ブレードが壁面と平行になるように押し当てて、下から上へ動かしながら、水滴を拭きます。すると手元にある透明のボトルへ窓の水が溜まっていきます。

    ボトルが透明なので、どれだけ結露をキレイにできたかという達成感も味わえて面白いのでおススメです。

    強力結露吸水テープ

    窓から流れ落ちる結露を強力吸水する結露対策用品です。結露水を吸い取り、蒸発させて、壁・床の腐食やカーペット・カーテンの汚れやカビを防止してくれます。取り付けも簡単で、手軽に使えるグッズです。

    結露テープ

    上で紹介した吸水テープのオシャレバージョンですね。こちらは出窓や高さがある場所の小窓などに貼るとお客さまの目に着いたりしてかわいらしいですね。

    結露防止スプレー

    窓の結露を防止するためのグッズです。ひと吹きするだけでガラス表面に薄い膜を形成します。水ダレや曇りを防ぐシリコンコートで、窓をスッキリできるスプレーです。防カビ剤配合。ガラスの汚れも同時に落せます。

    窓用結露防止ヒーター

    少し大がかりになりますが、窓のそばに置いておくヒーターです。窓際の温度差を少なくすることで結露を防ぎます。

    窓の結露防止には窓を直接温めるというのが効果があるようで、窓側からの冷気対策にもなっていいですね。また、使わない時は補助暖房として使えます。

    組み合わせるのもアリ!

    色々なグッズを紹介しましたが、これら一つを厳選してもよし、もしくは環境によって組み合わせても効果的だと思います。諦める前に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人