\ フォローしてね /

飼い主さん必見!猫あるあるまとめ10選

このライフレシピのもくじたたむ

昔から猫は人に好かれ、多くは愛玩用として飼われてきました。ここでは、飼い主さんが「あるある!」と同意してしまうような「猫あるあるまとめ10選」をお教えします。

猫あるあるまとめ10選

1:変な格好で寝る

飼い主もぎょっとするような姿で寝ています。どんな夢を見ているかは分かりませんが、面白い姿で寝る猫達に飼い主は微笑んでしまうこと日常茶飯事です。

2:どこの隙間でも入る

「何故そこに入ったの?」と言いたくなるような場所に、猫は入っていきます。人間もびっくりな隙間に入り込んでいきますが、実はこれは猫が野生だった時の本能と関係があります。

猫が野生だった時、自分が取った獲物は他の動物に取られないように暗く狭い場所へと移動し、そこで食事をしていました。その習性が現在でも本能として残っているようです。

3:出てこない

一度入り込んだ隙間は自分の場所だと思っているのでしょう。一度入ってしまうとなかなか出てきません。

4:じっと見つめてくる

瞳が大きくなったり、集中するように飼い主の目をじっと見てきたりした時、親しみや愛情がある証拠です。

猫が知らない存在と目を合わせている時は相手に対し「喧嘩を売っている」ということを意味しますが、身近な飼い主と目を合わせている時は何かしらの良いイメージを持っています。

「餌が欲しい」という食欲アピールなど、飼い主に何かして欲しい時もこのような「じっと見つめてくる」行動をします。

5:常に邪魔をする

猫は飼い主が何かやっているといきなり目の前に座ったり、飼い主の行動を邪魔するかのような行動を多々繰り返します。飼い主は「邪魔だなぁ…」と思いつつも、可愛い可愛いと言って許してしまうことがよくあります。

6:飼い主の持ち物には興味津々である

飼い主が持っているものはとにかく自分も拝見しておきたいと思う猫達。飼い主の持ち物には興味津々です。

鞄の中身を弄り回したり、飼い主の手から物を取ろうとしたりする時はジャイアニズムらしからぬものを感じます。

7:信じがたいポーズで静止している

猫の身体の構造はとてもやわらかくできています。ひっくり返りそうな反りスタイルで静止したり、人間には理解できないポーズで静止することが多くあります。

8:新しいオモチャは15分で飽きる

はじめのうちはよく遊ぶオモチャもおよそ15分程度で飽きる猫が多いようです。中には例外もありますが、猫は基本飽きっぽく、選り好みをする傾向があります。

遊び方によっては、同じオモチャでも長い期間楽しめる猫もいます。新しいオモチャを買い与えるより、同じオモチャで遊び方を増やすことを努力するのも経済的と言えます。

9:場所を横取りする

「人間の場所」は気がついたら「猫の場所」に早変わりしています。「そこさっきまで自分が座っていたのに・・・!」と思っても、猫はまるで最初から自分の場所だったかのように振舞っています。

10:肉球はあまり触らせない

肉球は皮膚が薄く、多くの猫が他の存在に触られることを嫌がります。皮膚が薄いということは傷もつきやすいということなので、乱暴に触ることはしないようにしましょう。

触る時は猫が寝ている時にそっと優しく撫でるように触るなどの配慮をしましょう。

おわりに

飼い主さんが「あるある!」と同意してしまうような「猫あるあるまとめ10選」を説明しました。

猫は人間が思っているよりもデリケートな生き物です。猫の性格を理解し、体調や健康に気をつけながら触れ合っていけるといいですね。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。