\ フォローしてね /

謎のアルファベットに注目!ディズニーランドでおいしいお土産を買うコツ

みんなが大好きなディズニーランドはアトラクション、パレード等もいいですが、ショッピングも楽しみの内のひとつですよね。その中でも一番時間がかかるのは、お土産選びだと思います。

しかし、どんなお土産を選べばいいのか分からないこともあるのではないでしょうか。特にお菓子は、何がおいしいのか分からなくて、結局定番のチョコクランチに落ち着いてしまうという方も多いと思います。

そこで、おいしいお土産を選ぶためにぜひ注目してほしいポイントをご紹介します!

ディズニーランド好きエピソード

物心ついた頃から、毎年1〜2回は必ず足を運んでいます。ビールが飲めるディズニーシーもいいですが、「やっぱりディズニーと言えばディズニーランド!」と、ついランドに行ってしまいます。

非日常的な空間で童心に返って遊べるのがなんとも楽しいです。

ショッピングを楽しむコツ

お土産に書かれているアルファベットに注目!

実は、ディズニーのお土産は様々なメーカーにより作られています。そして、そのお土産をどのメーカーが作ったかが、商品のパッケージで確認できます!

注目していただきたいのは、製造者の欄にある「オリエンタルランド」の横の、3文字のアルファベットです。これが各メーカーの略称になっています。いくつか例を挙げます。

  • BRB=ブルボン
  • JUH=ユーハイム
  • KYM=亀屋万年堂
  • MRN=森永製菓
  • OTB=株式会社おたべ
  • RMN=レーマン
  • YKM=ヨックモック
  • NSK=ネスレ日本株式会社
  • YUR=ユーラク

これは一部のメーカーですが、ブルボンや亀屋万年堂、ヨックモックなど有名メーカーもディズニーのお土産に参入しています。

筆者は、特にヨックモックの作っているお菓子が好きです。もともとヨックモックのお菓子は好きだったので、初めて買うお土産でもヨックモックが作ったものなら安心して買うことができています。

ディズニーランドでのお土産は本当にたくさんの種類があって決めるのが大変ですが、例えば「和菓子なら亀田万年堂のものを買えば安心」など、事前に買いたいものをリストアップして希望のメーカーを決めておけば、現地で迷わずに済みます。

お気に入りのお店

筆者が好きなのは、ディズニーランドのワールドバザールの中にある、「ワールドバザール・コンフェクショナリー」です。ここはパークの中で最大級のお菓子取扱店で、とにかくたくさんのお菓子を買うことができます。

屋台のようになっているお店では、いちいちパッケージを裏返してメーカーを確認するのも気が引けますが、ここなら大丈夫ですよね。ゆっくり吟味して選ぶことができます。

感想・注意点・アドバイス

メーカーを調べることで、迷うことなくおいしいお土産を買うことができました。あまりにおいしくて、人にあげたくないほどのお土産もあります。

ただし、いくら大きいお店でも、人が多い時間帯は長く立ち止まっていると迷惑になります。人が少ない開園直後や昼間などの時間であれば、お土産をゆっくり見ていても迷惑にはならないので、なるべく人の少ない時間帯を選びましょう。

開園直後にお土産を買っても、パーク内にはコインロッカーがあるので、預けておけばその後アトラクションに乗るのにも邪魔になりません。

おわりに

お土産を買うときのちょっとした裏技をご紹介しました。ぜひ参考にされて、実践してみてください!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。