\ フォローしてね /

営業利益?経常利益?いろいろな利益

このライフレシピのもくじたたむ

売上総利益、粗利益、営業利益、経常利益、当期純利益——聞いたことあるけどどう違うの!?という方へ、これらの利益の違いをご紹介します。

同じ利益でも意味するところは全然違います。それぞれの利益の違いを把握できると、ビジネスに役立つだけでなく、新聞やテレビを見ていてもおもしろくなってくると思います。

5つの利益

損益計算書という決算書には、会社がどれぐらい儲けたか、または損したかが書かれています。その名の通り「損」と「益」が書かれています。

収益から費用を引くと利益となります。

利益について詳しく知りたい方はこちら

その利益には上図のように、売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益の5種類あります。これらの利益を一つずつご紹介します。

1:売上総利益(粗利)

売上高から売上原価を引いたものが売上総利益となります。「粗利」や「粗利益」と言われることもあります。

売上総利益=売上高-売上原価

売上高とは商品やサービスを提供して得られる収益です。「年商◯◯億円」というのは「売上が〇〇億円ある」ということです。

また、売上原価とは商品を仕入れたり製品を作ったりするためにかかった費用です。

にんじんを10万円分仕入れて、12万円で売ると「売上(12万円)-売上原価(10万円)=売上原価(2万円)」となります。

売上原価と製造原価の違いはこちら

2:営業利益

売上総利益から売上原価を引いたものが営業利益となります。売上総利益は(1)で求めたものです。

営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費

販売費及び一般管理費は、通常「販管費(はんかんひ)」と言われます。販売費及び一般管理費とは、その名の通り販売費と管理費です。販売費には販売手数料や広告宣伝費などが含まれ、管理費には給料などの人件費や光熱費、家賃、交際費などが含まれます。

こうして求められた営業利益は、本業から稼いだ利益で企業の本業での収益力を表します。本業というのは、八百屋であれば野菜を売ることで、八百屋が使っている車を売ることは本業とは言いません。

3:経常利益

営業利益に営業外収益を足し、営業外費用を引いたものが経常利益となります。「経常(けいつね)」と言われることもあります。営業利益は(2)で求めたものです。

経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用

営業外収益には受取利息や配当金などが含まれ、営業外費用には支払利息などが含まれます。営業外収益・営業外費用は主に金融関連の取引から生じた収益や費用です。

このような金融関連の取引は本業ではないので、販売費及び一般管理費には含まれません。しかし、金融関連の取引は当期だけ行うものではなく毎年行うので、このように求められた経常利益はその名の通り経常的な利益と言えます。

4:税引前当期純利益

経常利益に特別利益を足し、特別損失を引いたものが税引前当期純利益になります。経常利益は(3)で求めたものです。

税引前当期純利益=経常利益+特別利益-特別損失

特別利益には固定資産売却益や投資有価証券売却益などが含まれ、特別損失には固定資産売却損や投資有価証券売却損、災害損失などが含まれます。

このような特別利益や特別損失は毎期経常的に出るものではないので、販売費及び一般管理費や営業外収益、営業外費用には含まれません。

5:当期純利益

税引前当期純利益から法人税等を引いたものが当期純利益になります。当期純利益は(4)で求めたものです。

当期純利益=税引前当期純利益-法人税等

法人税等とは法人税、住民税、事業税のことで、国や自治体に支払われる税金のことです。当期純利益は、最終利益と言われ内部留保となり株主に配当されたり事業活動の元手となったりします。

それ以外の利益

損益計算書の利益は以上5つが基本となりますが、連結財務諸表になるとさらにいくつかの利益が増えます。ここからは応用的な内容になるので読み飛ばしていただいても構いません。

連結財務諸表について知りたい方はこちら

税金等調整前当期純利益

上記、「4:税引前当期純利益」と同じように経常利益に特別利益を足し、特別損失を引いて求められますが、下位の計算で税金以外に「少数株主損益」という連結損益計算書特有の項目を調整するため「税金“等”調整前当期純利益」と言います。

少数株主損益調整前当期純利益

税金等調整前当期純利益から法人税等を引いて求められます。その名の通り連結損益計算書特有の「少数株主損益」を調整する前の純利益です。

連結損益計算書では、親会社の利益と子会社の利益は合算されますが、親会社の子会社に対する出資割合が60%だった場合、子会社の利益の60%は連結グループの利益となりますが、親会社以外の子会社の株主(少数株主)の出資割合の40%は連結グループの利益とならないため「少数株主利益」という損失項目として合算した利益から差し引く必要があります。

包括利益

損益計算書と別の「包括利益計算書」で表示されたり、当期純利益と一緒に「損益及び包括利益計算書」で表示される利益です。

当期純利益は収益-費用で求められましたが、包括利益は大雑把にいえば「期末の純資産-期首の純資産」で求められます。

利益を求める方法には、収益費用から求める方法と資産負債から求める方法があります。「資産-負債=純資産」なので包括利益は資産負債から求められる利益と言えます。

包括利益は粉飾決算を防止することができるため国際会計基準で導入され、日本でも国際会計基準との整合性を図るために2012年に導入されました。

おわりに

たくさんの利益の違いをお分かり頂けましたか? 最後にご紹介したそれ以外の利益は応用的なものですが、先にご紹介した5つの利益は基本中の基本です。

それぞれどのような利益かわかると、財務分析などにも役立つのでぜひマスターしてください。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。