\ フォローしてね /

茶葉の色を見てみよう!紅茶の賞味期限を知るコツ

今回は「紅茶の賞味期限を知る方法」についてご紹介します。

紅茶の賞味期限を知る方法

見た目

茶葉をよく見てみてみましょう。カビが生えていたらもちろん飲めませんが、「買ってすぐの茶葉」の様子をよく覚えておくと、変化が起きた時に気づくことができます。

茶葉は、時間が経つとだんだん空気にふれて酸化して、茶色が濃くなってきます。

ただし、茶色になったからと言ってすぐダメになるわけではなく、買って2年ほどはおいしくいただけますのでご安心ください。

香り

後から香りをつけたフレーバーティーは半年ほどで香りが消えてしまいますが、味に関しては問題ありません。フレーバーティーとして楽しみたい場合は、なるべく早く飲むようにしましょう。

普通の紅茶も時間が経つにつれて、だんだん紅茶自体の香りが弱くなっていきますが、香りがなくなったから飲めなくなるわけではありません。

これが「腐ったようなにおい」になってきたら飲むのはやめましょう。

紅茶の茶葉の保存方法

パッケージの賞味期限も参考になりますが、紅茶を長くおいしくいただくためには、保存方法が一番大切です。

密封ビンや缶に保存し、直射日光を避けることで、2年ほどはおいしくいただけます。パッケージを開けたままにしたり、日の当たる所におきっぱなしにしないように気をつけるだけで大分変わっていきます。

注意点

完全密封する

冷蔵庫で開封したままの紅茶を保存すると、脱臭剤の役目になってしまいおいしく紅茶を保存することはできません。完全密封してください。

おわりに

いかがでしたか?おいしい紅茶を見つけたら、大量に購入せずに飲める分量だけ買いましょう。おうちに帰ってからの保存方法も大切です。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。