1. 趣味
    2. 近年稀に見る好条件!2013年8月12・13日に見頃を迎える「ペルセウス座流星群」の基礎知識

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    近年稀に見る好条件!2013年8月12・13日に見頃を迎える「ペルセウス座流星群」の基礎知識

    (image by amanaimages)

    来る8月12日・13日、三大流星群の一つに数えられる「ペルセウス座流星群」が今年もやってきます! 特に今年は月明かりもなく、条件はここ数年では最高!!

    そんな最高の流星群を余すことなく楽しむためにも、観測方法や見どころをしっかり押さえておきましょう。

    どんなイベント?

    「ペルセウス座流星群」とは?

    「ペルセウス座流星群」は、年間でも常に1、2を争う流星数を誇る、三大流星群の一つです。ペルセウス座γ星付近を放射点として出現し、毎年8月12日・13日を中心に活動しています。

    特に今年は、月明かりなどの面で近年では最高の条件がそろっているので、ピーク時に適切な環境で観察すれば、1時間に50~70個もの流れ星を見ることができるのだとか!

    これだけの条件が揃うのは数年に一度で、同じ条件が揃うのは、なんと2021年と随分先になってしまいます。

    見られる時間

    8月12日の21時から13日の明け方にかけて出現します。

    最も多くの流星が表れる極大は、8月13日の未明と予想されています。

    見どころは?

    毎年豊富な流星を届けてくれるペルセウス座流星群は、明るい流星の割合が多い見応えのある流星群としても知られています。また、流れた経路上にうっすらとスジが残ることが多いのも特徴です。

    ただし、流星の中でも特に速いスピードで地球に飛んでくるので、願い事をかけるのは難しいかもしれません。

    ペルセウス座流星群の観測方法

    観測時間

    ピークとされているのは、8月13日の午前3時頃と予想されています。ただし、その時間帯にきれいに晴れるとは限らないので、なるべく長い時間、空を眺めた方がいいでしょう。

    12日の21時過ぎから流星が出現し始め、12日から13日へと日付が変わる時間から13日の明け方にかけての時間帯は、たくさんの流れ星が見られる絶好のチャンスです。

    また、ピーク予想は13日ですが、15日頃までは、普段より多くの流星を見ることができると予想されています。

    観測場所

    流星観測に適した場所の条件は、以下の5つです。

    • 空が暗い場所:明るい空では一部の明るい流星しか観測できないのでNG
    • 視界が開けた場所:流星は放射状に現れるので、すべての方向で広く見渡せる場所が最適
    • 安全な場所:真夜中に観測することになるので、暗くても安全で治安のいい場所がベスト
    • トイレが近い場所:長い間観測することになるので、トイレが近くにないと不便
    • 広い場所:長時間見ても疲れないよう、寝転がれる広い場所がおすすめ

    特に「流星をたくさん見られるかどうか」という観点では、暗さと開けた視界が欠かせません。できるなら大きな都市から離れ、街灯など人工の明かりが少ない開けた場所を選びましょう。

    また方角ですが、流星は放射点のあるペルセウス座付近から放射状に出現するので、夜空であればどこにでも現れます。なので、方角にはこだわらず、上に挙げた条件に適う場所を選びましょう。

    観察スタイル

    流星群を観察する際は、首を上げて長時間夜空を眺めることになりますが、立ったままで観察をしていると首が疲れてしまいます。なので、レジャーシートなどを用意して、寝転がったまま観察できるよう準備をしておくとよいでしょう。

    夜空の眺め方

    流星群の観察には望遠鏡も双眼鏡も必要ありません。むしろ、こういった道具を使用すると視野が狭くなってしまうので、肉眼で観察しましょう。

    夜の暗さに慣れないことには流星もきちんと観測できません。最低でも15分間は観察を続けましょう。

    おわりに

    絶対に見逃せない最高の天文イベント。友達と、家族と、恋人と…ロマンチックで雄大な星の饗宴をぜひお楽しみください!

    このライフレシピを書いた人