1. コミュニケーション
    2. 子どもも!お父さんも!渋滞中の車内で試したいおすすめ暇つぶし10選

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    子どもも!お父さんも!渋滞中の車内で試したいおすすめ暇つぶし10選

    お盆やGW、年末年始といった大型連休には、100パーセント混む高速道路。渋滞につかまったら「車内でやることがなくて暇」なんて経験誰しもあると思います。

    そこで今回は、簡単なゲームやスマホを使った暇つぶしなど、渋滞中の車内でもできるおすすめの暇つぶし方法をまとめました!

    1:ナンバープレートを使った計算ゲーム

    概要

    ナンバープレートの数字を使って四則演算(+、-、×、÷)をして、いかに早く「10」を作れるか競うゲームです。

    遊び方

    • 1:近くの車から、お題となるナンバープレートを指定
    • 2:4桁の数字をそれぞれ1回ずつ使って自由に四則演算
    • 3:最初に答えが「10」になる式を作った人が勝ち!

    例えば、「15‐23」というナンバープレートを使うなら、「(5‐2)×3+1」といった要領です。

    4桁の数字がすべて異なっており、かつ、0が含まれなければ、必ず答えが10になる計算式を作れるそうです。

    2:対向車・ロードサイド予想ゲーム

    概要

    対向車の色やナンバープレートの番号などを、みんなで予想しあうゲームです。

    遊び方

    • 1:次に見える、対向車の色・車種・ナンバープレートの番号・地域・沿道の店の種類など、答えが全員で確認できるものを予想しあう
    • 2:答えを確認し、当たった人の勝ち!(ナンバープレートの番号なら一番正解に近かった人の勝ち)

    3:車窓から発見ゲーム

    概要

    お題とした対象を、車窓から見つける早さを競うゲームです。

    遊び方

    • 1:お題を出す親を決める
    • 2:親がお題を出す(赤い車、ビールの看板など)
    • 3:一番早く発見できた人の勝ち!

    4:ナンバープレート47都道府県コンプリートゲーム

    概要

    車のナンバープレートに書かれた「地域」に目を凝らし、47都道府県をすべて見つけるゲームです。こちらはみんなで協力するタイプのゲームです。

    遊び方

    • 1:周りの車のナンバープレートを見る
    • 2:ナンバープレートの地域名をメモする
    • 3:47都道府県すべてそろったらクリア!
    事前に白地図などをプリントアウトしていくと、都道府県の位置関係も勉強できていいかもしれませんね。

    5:アレンジしりとり

    普通のしりとりに飽きたらお試しください。

    限定しりとり

    食べ物、地名、歴史上の偉人、カタカナで表記できるもの、動物など、使える言葉の種類を限定して行うしりとりです。

    ◯文字しりとり

    出せる単語の文字数を、2文字限定にしたり、3文字限定にしたりして遊ぶしりとりです。

    3文字しりとりで、真ん中の文字を次の文字の頭に持ってくる、という派生バージョンもあります。その場合は「みんな」など、真ん中に「ん」がついてはいけないので、普段のしりとりとは違った緊張感を味わえますよ。

    例:「みん」→「かつ」→「じつ」→「じう」→「コゴ」(OUT!)

    2文字とり

    前の人が出した単語の、後ろ2文字を続けた単語を答えるしりとりです。後ろから2文字目に「ん」が入ると負けですね。

    例:「みかん」→「かんぞう」→「ぞうすい」→「すいか」→「いかりんぐ」(OUT!)
    これ以降はゲームではありません。ゲームに飽きたら、個人個人で試してみてはどうでしょう?

    6:携帯・スマホ内のデータ整理

    普段なら面倒くさくて、なかなかできない携帯電話・スマートフォン内のデータを整理してみるのもありです。

    • 電話帳をフルネーム登録にして、しっかりよみがな付きにする
    • 撮りためた写真をフォルダ分けする
    • Evernoteやクラウドストレージ系サービス内のデータを整理をする

    上に挙げたようなことなら、車内でも行えるはずです。

    7:Wikipediaをひたすら回遊

    Wikipediaでちょっと調べ物をしていたら、リンクを辿って辿っていつの間にか1時間以上経過していた…なんて経験ある方も多いのではないでしょうか?

    それならば、何もすることがない渋滞時は、ひたすらWikipediaでリンクを飛び続けてみてはどうでしょう?

    実家の家族や地元の友人に披露する話題が増えるかもしれませんよ。

    8:意味のないサイトをひたすら訪問

    Wikipediaすら飽きてしまったら、まったく意味のないサイトに訪れてみてもいいかもしれません。

    The Useless Web」は、Web上にあふれる意味のないサイトをひたすら紹介してくれます。ピンクのボタンを押すと、ランダムでさまざまなサイトに飛ばされますよ。

    スマホからでもアクセス可能です。

    9:思い切って車内の掃除

    携帯画面を見すぎて目が疲れた、そろそろ酔いそう、なんてピンチがきたら思い切って車内の掃除をするのも手です。

    • 車の窓ガラスを拭く
    • ダッシュボードの中など、車内の整理をする
    • 車の中に散らばったゴミを集める
    • ダッシュボード上のホコリを拭く
    • 天井などの布製品の内装を拭く

    上に挙げたようなことは、車内にあるものだけで行えるのではないでしょうか。

    事前にウェットティッシュでも用意しておけば万全ですね。

    10:渋滞時の暇つぶし用ハンドル

    ここまで、車内でできる暇つぶしを紹介してきましたが、運転している方は参加が難しいものが多かったかもしれません。そんな仲間はずれになりがちな運転手の方にお勧めしたいのが、「暇つぶし用ハンドル」です。

    といっても、車のハンドルにプチプチを巻きつけてテープで固定しただけのシロモノです。Twitter上で発表されたアイデアですが、万が一の保険として準備しておいてもいいかもしれませんね。

    おわりに

    帰省にお出かけ、ちょっとしたドライブなど、渋滞にはまった時は是非お試しください!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人