\ フォローしてね /

世界に一つ!手作り包装紙の作り方と小さい箱のプレゼントをラッピングする方法

お店で購入したプレゼントは、お店の方が可愛らしくラッピングをしてくれますが、手作りの品を贈りたい時は、ラッピングも手作りだと気持ちがこもって素敵ですよね。

ここでは、小さめの箱をラッピングする時のアイデアをご紹介します。お母さんへの思いを込めて、世界に1つしかないラッピングにしてみましょう。

用意するもの

  • A4サイズの手作り包装紙(パソコンで文字を入れます)
  • シール
  • リボン
  • セロテープ

手作り包装紙の作り方

STEP1:パソコン画面で包装紙をデザインする

簡単な「お絵かきソフト」を使って、色つきの文字を入力します。文字はデザインでもあり、同時にお母さんへのメッセージでもあります。

筆者は「ペイント」を使いましたが、文字入力だけならばワードでもできます。すべて入力したのではなく、ワンフレーズをコピー&ペーストしています。アルファベットで「Thank you, mother!」と入れましたが、優しい雰囲気のあるひらがなでもいいと思います。

色も文字も自由に画面上で試してみてください。

STEP2:プリントアウトする

デザインした物を、実際にプリントアウトします。ラッピングに失敗してもいいように、2枚以上プリントアウトしておきましょう。

デザインしたデータは保存しておくと安心です。

STEP3:プレゼントを包装紙の上に置いてサイズのチェック

包み方の決まりはありませんが、中身がはみ出さないように包みます。そのためには、紙のほぼ中央に箱を置いて簡単に包みます。その時、箱を完全に包めるサイズかどうかのチェックをします。

包んでも箱の一部が見えてしまうようならば、包装紙に対して箱のサイズが大きすぎるということです。残念ですが、A4用紙は使えないということになります。

その場合、A4以上の大きな用紙でプリントアウトし直すことになります。もしくは、より小さい箱に変更してください。

今回使用した箱のサイズは9cm×9cm正方形、高さは2.5cmです。このサイズがA4用紙で包めるギリギリかと思います。

初めてだとなかなか上手く包めないかもしれないので、包装紙は多めにプリントアウトして用意しましょう。

ラッピングの手順

STEP1:紙の下方を上部に折る

紙の下方を上に折って箱を包みます。

STEP2:左右で包み込む

紙の左側を右方向に、今度は紙の右側を左方向に、箱を包むように折ります。包み紙が開いてこないように、紙の重なった部分をセロテープで留めます。

STEP3:紙の上部を下方に折り込む

紙の上部を下方に折って、箱を完全に包みます。

STEP4:はみ出た部分は内側へ折り込む

紙の重なるところが出てきてしまいますが、内側に折り込んで隠します。

STEP5:セロテープで留める

最後に、セロテープで留めます。

STEP6:包装完了

なんとか包むことができました。今回は、筆者が行ったラッピング方法をご紹介しましたが、この通りでなくてもかまいません。ラッピングが得意な方は、どんどんアレンジして、よりキレイに包んでくださればと思います。

STEP7:リボンを切る

リボンを適当な長さに切ります。2本使用します。

STEP8:リボンをシールで貼って完成

2本のリボンをシールで留めます。リボンとシールは、柄も止め方もお好みでかまいません。

STEP9:完成!

母の日用の手作りのラッピングができました。

おわりに

包装紙のデザインの言葉を変えることで、母の日だけでなく、父の日、誕生日、結婚祝いなど、それぞれの用途に合わせた包装紙ができます。デザイナーになった気分も味わえますので、是非お試しください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。