1. 雑学
    2. 押さえておきたい!「お盆」の期間や迎え方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    押さえておきたい!「お盆」の期間や迎え方

    お盆は旧暦の7月15日に行われる先祖供養の行事です。ここでは基本的のお盆の迎え方をご紹介します。

    お盆の基礎知識

    お盆の正式名称

    お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。語源はサンスクリット語の「ウラバンナ」で、「逆さに吊り下げられる苦しみから救う」という意味です。

    自分の母親が地獄に落ち、逆さ吊りにされて苦しんでいることを知ったお釈迦様の弟子がお釈迦様の教えに従い供養したところ、母親を救うことができたという故事がはじまりとされています。

    以来、その供養の行われた7月15日が、先祖供養の大切な日になったといわれています。

    お盆の期間

    お盆の期間は地方で異なり、大きく分けて新暦の7月15日前後に行う地域と、旧暦の7月15日前後(新暦の8月15日前後)に行う地域とがあります。

    • 新暦の7月15日前後・・・東京、横浜、函館
    • 旧暦の7月15日前後・・・上記以外のほとんどの地域

    お盆の基本の流れ

    家に客人を招くのと同じように、掃除をし、丁寧に迎え、もてなし、丁寧に送るという流れになります。

    • 7日:7日盆。お墓を磨いたり、掃除をしたりします。
    • 12日:草の市。飾り物やお供え物を売る市で、花やろうそくなどを買います。
    • 13日:迎え盆(お盆の入り)。盆棚をしつらえ、お墓参りに行き、その帰りに玄関で「迎え火」を焚いて先祖の霊を迎えます。
    • 14・15日:迎え入れた霊の供養をします。
    • 16日:送り盆(お盆の明け)。ちょうちんや盆棚を片付け、送り火を焚きます。

    お盆のお供え物

    13日から16日まで、毎日変えていきます。地域によって備えるものは異なりますが、基本は次のとおりです。

    • 13日:お迎え団子(あんこのついたお団子)
    • 14日:おはぎ
    • 15日:そうめん
    • 16日:送り団子(白い団子)

    迎え盆の基本

    精霊棚(しょうりょうだな)を作る

    13日のお盆の入りには、先祖の精霊を迎えるために精霊棚(仏棚)を用意します。精霊棚は、位牌を安置し、お供えをする棚です。8月12日の夕刻または13日の朝に作ります。

    飾り方は地域や家庭の習慣によって異なりますが、その一例は次のとおりです。

    • 机などの台に真菰(まこも)で編んだゴザを敷き、四方に笹竹を立て、縄を張って結界を作る。
    • 縄にはほおずきを吊るし、先祖の道を照らす提灯代わりにする。
    • 位牌を並べ、線香を焚き、ろうそくを灯し、キキョウ、ユリなどの盆花を飾る。
    • 水や季節の野菜、果物、砂糖菓子、そうめんなどを供える。
    • 位牌の前に、きゅうりで作った馬となすでつくった牛(精霊馬・しょうりょううま)を備えます。

    精霊馬は、先祖の霊が来るときには馬に乗って早く、帰るときには牛に乗ってゆっくり戻るようにとの願いを込めたものと言われています。 また、一説には、先祖の霊が馬に乗り、牛には荷物(供物など)を乗せて楽に帰れるようにという意味もあるそうです。

    迎え火を焚く

    夕刻に仏壇や精霊棚の前にちょうちんを灯し、家の門口や玄関に焙烙(ほうろく)の器を置いて、その上で麻幹(おがら)を燃します。これが迎え火です。その煙に乗って先祖の霊が家に戻って来るのを迎えます。

    送り盆の基本

    送り火を焚く

    16日に送り火を焚いて、家に迎えた先祖の霊にお帰りいただきます。迎え火を焚いた同じ場所で麻幹を燃し、帰り道を照らして霊を送り出します。

    精霊流し

    地域によっては海や川に、盆棚やお供え物を流す「精霊流し」を行います。わらで作った舟にお供え物や飾り物を乗せた精霊舟や、灯篭を流して精霊を送るとともに、病気や災いも一緒に流すという意味があります。

    精霊流しは、許可された地域に限られます。

    おわりに

    お盆のしきたりは宗派や地域によって異なります。一度、菩提寺に尋ねられるといいでしょう。

    (photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ