\ フォローしてね /

地域で違う?全国お盆のしきたりまとめ

このライフレシピのもくじたたむ

お盆は祖先の霊を祀る行事として古くから伝わってきました。親類一同が集ってゆっくりと過ごす大切な時間でもありますよね。

しかし、一口にお盆といっても日本全国でしきたりの違いがあるのをご存知でしたか?

この記事では、そんなお盆のしきたりの違いをご紹介したいと思います。

全国のお盆のしきたり

長崎「精霊流し」

初盆を迎えた家の人々が、精霊船と呼ばれる船に亡くなった人の霊をのせて流し場と呼ばれる終着点まで流す風習のことです。毎年8月15日になると長崎市の中心部で見ることができます。

また、この精霊流しの時には大量の爆竹を鳴らす風習があり、当日はお祭りのような騒がしさになるそうです。

爆竹以外にも、矢花火と呼ばれるロケット花火や手持ち花火をお墓でやる風習もあるそうです。

中国の旧正月を思わせる習慣は、古くから国際的な貿易都市として栄えた長崎ならではの特色ともいえるでしょう。

静岡・山梨「安倍川餅」

静岡県と山梨県では、静岡市の名物である「安倍川餅」をお盆のお供え物にする風習があります。

山梨県の銘菓「信玄餅」は、この風習から安倍川餅にヒントをもらって作られたそうです。

金沢「キリコ」

石川県金沢市では、お盆のお墓参りの時に「キリコ」と呼ばれる木と紙でできた箱型のものを用意し、その中にろうそくを立てて墓前に吊るします。

このキリコには持参した人の名前を書くところがあり、誰がお墓参りに来たのかが分かるようになっています。

お盆が終わった後の廃棄にかかる費用の問題から、一時はこのキリコが廃止されそうにもなりましたが、釘を使わない新しい形のキリコが開発されたことや金沢固有の文化を残したいという声から、現在もその姿を残しています。

長野「天ぷらまんじゅう」

「天ぷらまんじゅう」とは、文字通りまんじゅうを天ぷらにしたもので、半分に切ったまんじゅうに天ぷら粉をつけて揚げた食べものです。

長野県南部、諏訪・伊那・飯田地方ではこの「天ぷらまんじゅう」をお盆のお供え物にします。

出来合いのものだけでなく、お盆の時期になると天ぷらまんじゅうにする用のまんじゅうが店頭に並び、各家庭で揚げてお供えすることもあるそうです。

おわりに

お盆は自分の出身地や親族がいる場所で過ごす行事のため、他の地域のことを知りにくいかと思います。

同じ日本でも地域によってお供え物やお墓参りの仕方など様々な違いがありますが、ご先祖様の霊を供養するということに変わりはありません。

結婚や引越しなどで違う風習に出会っても、その地が伝えてきた伝統を大切にしていきたいですね。

(image by 足成 1 2)
(image by PIXTA 1 2)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。