\ フォローしてね /

中学頻出英単語50選 ~ 動詞編 ~

このライフレシピのもくじたたむ

中学英語の頻出単語は、英語を学習していく上で欠かすことができません。今回ご紹介する中学英語頻出動詞50個の意味や、これらを用いたイディオムをマスターすれば、かなり表現の幅が広がります。

日常会話では、特に難しい単語を知らなくても、これらの単語・イディオムだけで十分に海外の方々とコミュニケーションをとることもできます。

ぜひ、テストのためだけでなく、英語での表現の幅を広めるためにも、楽しみながら勉強して頂きたいです。

中学頻出英単語~動詞~

1. be動詞「~です」「いる」「ある」

be動詞は主語に合わせて変化します。(主語がIのとき⇒am、主語がyou、複数名詞のとき⇒are、主語がhe、she、単数名詞のとき⇒はis)
  • I'm twenty years old. = 私は20歳です
  • You are beautiful. = あなた美しい
  • Today is Saturday. = 今日は土曜日です

2. do「する」

do+名詞またはdoingで「(名詞)をする」という意味になり、doの後ろには様々な名詞を持ってくることができます。
  • do homework[battle,repairs,dishes]=宿題[戦い、修理、皿洗い]をする
  • do cooking[shopping, washing]=料理[買い物、洗濯]をする

3. have「持っている」「食べる」

「持っている」という意味合いでhaveを用いる場合、様々な訳し方があります。
  • I have some money.=私はいくらかお金を持っています。
  • I have a dream. = 私には夢があります(私は夢を持っています)
  • I have a dog. = 私は犬を飼っています(私は犬を持っています)
  • I have a question. = 質問があります(質問を持っています)
  • She has a good voice. = 彼女の声はよい声です(彼女はよい声を持っている)。
「食べる」という意味でもhaveをよく使います。
  • I'm having breakfast.=私は朝食を食べています。
  • Can I have a cup of coffee?=コーヒー1杯をいただけますか?(レストラン等で注文するときはCan I have~?と言います。)

4. get「着く」「手に入れる」「わかる」

get+(~へという意味の副詞:home etc.)またはto+(場所)で、「着く」という意味になります。
  • He got home late. = 彼は遅くに帰ってきた。
  • How can I get to the station? = 駅へはどのようにいけばいいですか?(目的地への行き方を聞くのに便利な表現です。)
「手に入れる」という意味合いでgetを用いる場合、様々な訳し方があります。
  • get some sleep = 少し寝る(少しの睡眠を手に入れる)
  • get a present = プレゼントを受け取る(プレゼントを手に入れる)
  • get money = お金を稼ぐ(お金を手に入れる)
  • get a cold = 風邪をひく(風邪を手に入れる)
getは、「わかる(手に入れる⇒自分のものにする)」という意味でも使われます。
  • I got your point. = あなたの言いたいことがわかりました
  • I got it! = わかった!
イディオム:get ready=準備をする、get over[through]=乗り越える、get away=立ち去る、get on=乗る、get off=下りる、get out=出る etc.

5. go「行く」

go+(~へという意味の副詞:home etc.)またはto+(場所)で、~へ行くという意味になります
  • go home[abroad, apstairs] = 家[海外、上の階]へ行く
  • go to church[school, market] = 教会[学校、市場]へ行く
go on+(名詞)、go+doingで、「~をしに行く」という意味になります。
  • go on a journey [hike, walk, demo, visit]=旅[ハイキング、散歩、デモ、訪問]をしに行く
  • go skiing [hiking, walking, dancing, hunting, swimming, shopping, sightseeing]=スキー[ハイキング、散歩、ダンス、狩り、水泳、買い物、見物]をしに行く
イディオム:go away = 「立ち去る」、go back = 「戻る」、go up = 「上る」、go through = 「通過する」 etc.

6. come「来る」

  • Come here. = ここへ来なさい
  • Spring has come. = 春が来た
イディオム:come across = 「横切る」、come up = 「上る」、come back = 「戻る」 etc.

7. see「見る」、「会う」

  • I see some flowers in the garden. = 庭に花が見える
  • It's nice to see you. = お会いできてうれしいです
  • See you later. = またね(後で会いましょう)

8. meet「会う」

  • They often meet each other. = 彼らはしばしば会います

9. like「好きだ」

  • I like fruits. = 私は果物が好きです
like+to doまたはdoingで、「~するのが好きだ」という意味になります。
  • I like to play[playing] tennis. = 私はテニスをするのが好きです

10. want「欲しい」

  • I want a new car. = 私は新しい車がほしい
want+to doで「~したい」という意味になります。
  • I want to go to France. = 私はフランスに行きたい

11. help【手伝う、助ける】

  • He helped his wife with the work in the kitchen. = 彼は妻の台所仕事を手伝った。
  • Help me!=助けて!
イディオム:help oneself to…=自由に取って食べる、can''t help doing=~せずにはいられない etc.

12. play「遊ぶ」、「試合をする」、「する」、「弾く」、「演じる」

  • She is playing with a doll. = 彼女は人形と遊んでます
  • They play againt the America team. = 彼らはアメリカのチームを試合をします
play+(スポーツ)で「(スポーツ)をする」という意味になります。
  • play basketall[tennis,baseall] = バスケットボール[テニス、野球]をする
play+the+(楽器)で「(楽器)を演奏する」という意味になります。
  • play the piano[guitar, flute] = ピアノ[ギター、フルート]を弾く
音楽にまつわるイディオム:play music=音楽をかける、play a CD=CDを流す etc.
play role[part]で「役割を果たす」という意味になります。
  • play an important part in a mudical = ミュージカルで重要な役割を果たす
  • play one's part = 役割を果たす

13. speak【話す】

  • He speaks three languages. = 彼は3ヶ国語話します
イディオム:speak up=もっと大きな声で話す、strictly[roughly, generally, honestly] speaking=厳密に[大ざっぱに、一般的に、正直に]言えば etc.

14. know【知っている】

  • He knows he truth. = 彼は真実を知っている

15. study【学ぶ、研究する】

studyは「努力して学ぶ」という意味合いを持ちます。
  • I study Englihs. = 私は英語を勉強しています
  • He studies medicine. = 彼は医学を研究している

16. read【読む】

  • She is reafing a book. = 彼女は本を読んでいます

17. write「書く」、「手紙を書く」

  • I wrote 5 pages. = わたしが5ページ書いた
  • Our son writes us every week. = 息子は毎週私達に手紙を書いてくれます
イディオム:write down=書き留める etc.

18. watch「(じっと)見る」

7. seeも「見る」という意味を持つ単語ですが、watchはseeに比べてより注意深く見るという意味合い、特に”動いているものをじっと見る”という意味になります。

watch TV[a movie] = テレビ[映画]を見る

see TVとは言いませんが、see a movieは使うことがあります。
イディオム:Watch out! = 気を付けて!

19. look「(じっと)見る」、「~に見える」

18. watchに対し、「(じっと)見る」の意味でlookを用いる場合は”静止しているものをじっと見る”という意味になります。
  • She looked but she didn't see it. = 彼女はそれを見たが、彼女の目には入らなかった
「~に見える」という意味合いでもlookはよく用いられます。
  • You look pale. = 君、顔色が悪いね
イディオム:look back=振り返る、look down=見下ろす、look at…=…を見る、look for…=…を探す etc.

20. teach「教える」

  • I teach English.=私は英語を教えています

21. say「言う」、「~と書いてある」

  • What did you say? = なんて言ったの?
sayは基本的に「言う」という意味ですが、物を主語にとるとき、「(物)が~と言っている⇒~と書いてある」というふうに用いることができます。
  • The letter says that her mother is sick. = その手紙には、彼女の母は病気だと書いてあります(その手紙は、彼女の母が病気だと言っています)。
  • My watch says ten. = 私の時計によると今は10時です(私の時計は今10時だと言っています)。

22. walk「歩く」

  • I'm walking aroung. = 私はぶらぶら歩いています

23. run「走る」

  • He runs everyday. = 彼は毎日走ります
イディオム:run away=逃げる etc.

24. sit「座る」

  • Please sit down. = どうぞお座りください

25. wait「待つ」

  • Wait a moment. = ちょっと待ってください
「~を待つ」という意味でwaitを使う場合は、wait for~という形になります。
  • Are you waiting for somebody? = 誰かを待っているの?

26. leave「出発する、去る」、「置き去る、見捨てる」

  • We left London for Paris. = 私たちはパリに向けてロンドンを出発した
「去る」という意味は「去る⇒辞める」という意味でも用いられます。
  • leave one's job[club, school] = 仕事[クラブ、学校]を辞める
「置き去る、見捨てる」という意味でもleaveが用いられます。
  • Where did you leave your umbrella? = 傘をどこに忘れたのですか(傘をどこに置き去ってきたのですか)?
  • He left his wife. = 彼は妻を見捨てた

27. drive「運転する」

drive+(乗り物)で「(乗り物)を運転する」、drive+(人)で「(人)を運転して送る」という意味になります。
  • drive a car[taxi, truck] = 車[タクシー、トラック]を運転する
  • I will drive you home. = 家まで送るよ

28. ride「乗馬する」、「乗る」

  • do riding = 乗馬に行く
  • ride a bicycle[bus] = 自転車[バス]に乗る

29. take「取る」、「持っていく、連れて行く」、「(時間が)かかる」

「取る」の意味合いでtakeを用いる場合、様々な訳し方ができます。
  • The child took my hand. = その子供は私の手につかまった(その子供は私の手を取った)
  • take a degree = 学位を取得する(学位を取る)
  • take some fish = 魚を捕まえる(魚をとる)
  • I'll take this hat. = この帽子を買います(この帽子をとります)
  • take a meal = 食事をとる
  • take a picture = 写真を撮影する(写真をとる)
  • take a seat = 席につく(席をとる)
  • take a bath = お風呂に入る(お風呂をとる)
「take+(物・人)」で、「(物・人)を持っていく・連れて行く」という意味になります。
  • Take your umbrella with you.=傘を持っていきなさい。
  • I took him swimming[to a park].=私は彼を水泳[公園]に連れて行った。
it+take+時間で「~ぐらい時間がかかる」という意味になります。
  • It only takes three minutes to walk there. = 底まで歩くのに10分しかかかりません。
イディオム:take care=気を付ける、take on=引き受ける、take off=脱ぐ、take out=持ち出す、take one's time=ゆっくりやる etc.

30. swim【泳ぐ】

  • swim in a river=川で泳ぐ

31. open【開ける、開く】

  • open a window = 窓を開ける
  • open a book = 本を開く
イディオム:open up = 広げる etc.

32. close「閉める」、「閉じる」

  • All the doors are closed. = すべてのドアが閉まっています。
  • The shop will be closed for two weeks. = そのお店は2週間休業します。

33. cook「料理をする」

cook+(物)で「(物)を料理する」、cook+(人)+(物)で「(人)に(物)を料理する」という意味になります。
  • cook fish[meat] = 魚[肉]を料理する
  • He cooked her some fish. = 彼は彼女に魚を料理してあげた。

(He cooked some fish for her.と言うこともできます。)

34. clean「きれいにする」

cleanは「きれいにする」という意味合いを持つ動詞で、様々な訳し方ができます。
  • clean one's shoes = 靴をきれいにする
  • clean one's teeth = 歯を磨く(歯をきれいにする)
  • cleen a room = 部屋を掃除する(部屋をきれいにする)
  • clean one's plate = 残さず食べる(料理をきれいに食べる)

35. call「電話をする」、「呼ぶ」、「呼び寄せる」

  • I will call you later. = 後で電話します。
  • call a person's name = (人の)名前を呼ぶ
  • call a doctor[taxi] = 医者[タクシー]を呼び寄せる

36. live「住んでいる」、「生きる」

  • Where do you live? = どこに住んでいるんですか?
  • live long = 長生きする

37. enjoy「楽しむ」

  • enjoy life = 人生を楽しむ
「~するのを楽しむ」という意味でenjoyの後ろに動詞を持ってくるとき、動詞は常にdoing形になります。
  • enjoy playing tennis[driving] = テニス[ドライブ]を楽しむ

38. finish「終える」

  • Have you finished homework? = 宿題は終わりましたか?
「~をし終える」という意味でfinishの後ろに動詞を持ってくるとき、動詞は常にdoing形になります。
  • He finished reading the book. = 彼は本を読み終えた

39. rain「雨が降る」

  • It's raining. = 雨が降っています
RULE:天候を表わす動詞:snow【雪が降る】

40. hear「聞こえる」

  • He didn't hear me. = 彼は私の言っていることが聞こえなかった

41. listen「(注意深く)聞く」

40. hearに比べて、listenは「注意深く聞く」という意味になります。
  • He listened to me[a music]. = 彼は私の話[音楽]に耳を傾けた。

42. tell「話す」、「告げる」、「知らせる」

tellは「言う」という意味合いを持つ動詞で、様々な訳し方があります。
  • tell the truth = 真実を言う
  • He told his adventure to us. = 彼は自分の冒険話を私たちに話した。
  • She told me that she likes basketball. = 彼女は私にバスケットボールが好きだと教えてくれた。
  • My mother told me not to drive to fast. = 母は私にスピードを出して運転するなと忠告した。

43.let「~を許す」

letは「相手の意志どおりにすることを許す」という意味合いを持ちます。
  • Let me go! = 離して(行かせて)!

44. make「作る」、「~させる」

「作る」の意味合いでmakを用いる際は、様々な訳し方があります。
  • make sandwiches = サンドイッチを作る
  • make a will[contract] = 遺書[契約書]を作成する
  • make a bed = ベッドを用意する(ベッドを作る)
  • make a desicion = 決心する(決心をつくる)
  • make a noise = 音を立てる(音を作る)
  • make a fire = 火をたく(火を作る)
  • make money = お金を稼ぐ(お金を作る)
「強制的にも非強制的にも相手に~させる」という意味でもmakeが用いられます。

・I made him go.=私は彼を(無理に)行かせた。
・He always makes me happy.=彼はいつも私を幸せにしてくれる(非強制)。

45. allow「~を許す」

allowは「強制しないまたは黙認する」という意味合いを持ちます。
  • I allow you to go to the party.=そのパーティーに行ってもいいです(そのパーティーに行くことを禁止しません)。

46. learn「学ぶ」

15. studyに比べて、learnは「学んで身に着ける」という意味合いを持ちます。
  • She's learning French. = 彼女はフランス語を学んでいます。

47. stop「止(と)める」、「中止する」

  • stop a car[engine, horse] = 車[エンジン、馬]を止める
  • He stopped work. = 彼は仕事を中止した。
stop+doingで「…するのをやめる」という意味になります。
  • He stopped smoking. = 彼は煙草を吸うのをやめた
stop to doで「…するために止まる」という意味になります。
  • He stopped to smoke. = 彼は煙草を吸うために立ち止った
stop doingとstop to doの使い分けに注意。

48. buy「買う」

  • buy a book = 本を買う
反意語:sell【売る】

49. practice「(反復して)練習する」、「業とする」

  • practice English = 英語の練習をする
practice+(学術)で「(学術)を業とする」という意味になります。
  • practice law[medicine] = 弁護士[医師]を開業する(法律[医学]を業とする)

50.try「努力する」、「試す」

  • try one's best = 精一杯やる
  • try one's skil[trength] = スキル[力]を試す
try+to doで「…しようとする」という意味になります。
  • She tried to open the box. = 彼女はその箱を開けようとした
try+doingで「試に…してみる」という意味になります。
  • She tried opening the box. = 彼女は試しにその箱を開けた
try to doとtry doingの使い分けに注意!

おわりに

今回紹介したのは中学英語頻出の動詞50個だけですが、それぞれの動詞が持つ様々な意味合い、イディオムをマスターするだけでも英語での表現力がかなりアップします。

英語って楽しい!と思いながら勉強してみてくださいね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。