\ フォローしてね /

するっと取って煮物に!秋刀魚のさばき方

魚のさばき方は難しいというイメージがありますが、秋刀魚のさばき方は以外と簡単にできます。ここでは筒切りにし、煮物を作る際のしたごしらえのやり方を紹介します。

さばき方には色々なやり方があると思いますが、著者が調理しやすい方法を紹介します。

準備するもの

  • 秋刀魚…1尾
  • 包丁

作り方(調理時間:10分)

STEP1:さんまの頭を切る

さんまの頭を右側に向け、エラの部分に包丁を入れ、切り落とします。

STEP2:ワタの部分に包丁を入れる

ワタの部分に包丁の先だけをいれます。

ワタが見えてる部分に包丁の先を1cm位ひっかける感じです

STEP3:ワタを取り出す

STEP2のワタの部分を包丁の先を使って少し取り出し、そのまま離さず押さえておきます。

押さえた状態で身の部分をそーっと左にスライドさせると、ワタだけが残ります。

STEP4:水で洗う

STEP4の内臓を取りだした部分を水道水で洗います。

STEP5:完成

STEP4の水気を切って、完成です!

筒切りを使ったレシピ

STEP4の水気を切って、4~5等分に筒切りにします。切った後にお好みの味付けの煮物に使用しましょう。

さいごに

するっと取れる秋刀魚のさばき方いかがでしょうか?するっと、面白い位にとれます。慣れてくるとあっという間に出来るようになれますよ!

是非お試しください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。