\ フォローしてね /

2本の包丁を使った時短調理!魚のたたき方

魚のたたき方は包丁を利用してたたくのですが、2本の包丁を使うことで効率よく魚のたたきを作ることができます。

今回は、「ハマチのお刺身」を使って魚のたたき方を紹介したいと思います。

準備するもの

  • 刺身用ハマチ(お好みの分量)
  • 包丁×2本
  • まな板
  • 仕上げトッピングのネギ(お好みの分量)
  • 仕上げトッピングのウズラの卵(お好みの分量)
  • 白いご飯(お好みの分量)

作り方(調理時間:5~10分)

STEP1:刺身をぶつ切りにする

刺身をまな板の上にのせ、5mm~1cm角に切ります。

STEP2:包丁でたたく

2本の包丁を用意し、交互にトントンとたたいていきます。たたいていくうちに身が広がっていきますので、広がったら時々真ん中に身を集め直して、再度続けてたたいていきます。

お刺身の量にもよりますが、大体20~50回を目安にたたきましょう。

STEP3:盛り付けて完成!

上の画像のように、たたいている魚の身に粘りが出たら手を止めます。

最後に器に盛りつけて完成です。

さいごに

たたいた身をご飯の上に乗せ、ネギとうずらの卵でトッピングしました。お好みの調味料をかけて召し上がってください。

今回はハマチを使いましたが、サーモンや白身魚等、お好みのお刺身を使ってたたくとバリエーションも増えて楽しめます。ぜひお試しください!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。