\ フォローしてね /

薄切り肉を使って手軽に!牛肉の赤ワイン煮の作り方

牛肉の赤ワイン煮はかたまり肉を長時間煮込む料理なので、大変だというイメージがありますね。しかし手軽な薄切り肉を使っても手軽に美味しくできますよ。時間も短縮できるのでお薦めです。

ここでは薄切り肉を使った牛肉の赤ワイン煮の作り方をご紹介します。

材料(2・3人分)

材料

  • 牛肩ロース薄切り・・・約260g
  • 人参・・・1/2本
  • 玉ねぎ・・・1個
  • マッシュルーム・・・60g
  • にんにく・・・1片
  • 塩・コショウ・・・適宜
  • 赤ワイン・・・1カップ
  • 水・・・1/2カップ
  • コンソメ・・・1/2個
  • トマトペースト・・・大さじ1
  • 小麦粉・・・適宜
  • オリーブ油・・・小さじ4
  • ローリエ・・・1枚

とろみをつける場合

  • 小麦粉・・・小さじ1(とろみをつける場合)
  • バター・・・10g(とろみをつける場合)

作り方(調理時間:60分)

STEP1:にんにくをつぶす

にんにくはまな板に乗せて包丁を上から寝かせるようにして、体重をかけてつぶしておきます。

STEP2:野菜の下ごしらえをする

人参はひと口大に乱切り、マッシュルームは固く絞ったキッチンペーパーなどで表面の汚れを拭き取っておきます。玉ねぎは半分に切り、片方はみじん切りに、もう片方は4等分くらいのくし切りにします。

STEP3:牛肉に下味をつけて丸める

牛肉は薄切りにしたものを並べて塩とコショウを振り、1枚ずつ端から丸めていって、かたまり肉のような形にします。

STEP4:牛肉に小麦粉をまぶす

巻いた牛肉に小麦粉をまぶします。この時ほどけてこないように手で握るようにしながら固まりを作ります。

STEP5:牛肉を焼く

温めたフライパンにオリーブ油小さじ2を敷いて、中火で牛肉を焼きます。巻き終わりの部分を下にして焼き始めると、ほどけてきません。

中まで火は通さずころころところがしながら、表面に焼き色がつけばOKです。2・3分くらいが目安です。火を切り、そのまま置いておきます。

STEP6:玉ねぎをレンジで加熱する

みじん切りにした玉ねぎは耐熱容器に入れてラップを軽くし、電子レンジ500wで3分加熱します。こうすることで、炒める時間を短縮できます。

STEP7:鍋で玉ねぎを炒める

鍋を温めオリーブ油を小さじ2入れて、にんにくと加熱したみじん切りの玉ねぎを入れます。弱めの中火で5分ほど焦げないように混ぜながら炒めると、やや飴色に色づいてきます。

これくらいでも甘みが出て美味しいのですが、時間があればもう少し長く炒めると、もっと茶色くなりカサが減ります。玉ねぎの甘みが増してコクが出ますよ。

STEP8:赤ワインとその他の材料を加える

にんにくを取り出し、赤ワイン・水・コンソメ・トマトペースト・野菜・牛肉・ローリエを入れて火を強めます。

STEP9:アクを取って煮込む

アクが出てきたら丁寧に取り、その後蓋をして弱火で30分程煮込みます。その間底の部分が焦げ付かないように時々様子を見ながら軽く混ぜるようにして下さい。

STEP10:仕上げにとろみをつける

バター10gと小麦粉小さじ1を混ぜたものを、仕上げに混ぜ入れます。

塩、コショウで味を整え1分程混ぜて火を消します。

小麦粉の分量や野菜の水分などでとろみの加減は違ってきます。必要がなければSTEP10は省いて下さい。

完成!

器に盛り付ければ出来上がりです。

さいごに

いかがですか。薄切り肉を使うと煮込む時間も短縮できますね。本格的でなくても家庭料理としては十分に満足できる味になりますよ。是非お試しください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。